赤のシャツ(ストライプ, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャツだけではピンと来ない方は、「えりがついているシャツ」・「ワイシャツ」のことだと思ってください。メンズのファッションにおいて王道のこの服は秋冬ジャケットを羽織ったり、夏には白シャツとインナーを合わせて上品でさわやかな印象を与えます。柄もチェックやストライプなど幅広く、コーデも色々組み合わせることが出来ます。例えばあったかい時期はカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えますし、デニムや綿のハーフパンツを持ってくれば、リラックスな着こなしになります。シャツのメンズの着こなし方は必ず押さえましょう。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

シャツをハーフデニムでカジュアル!

Small
エディフィス 赤 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については赤と青が相性の良い組み合わせになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

優しさと品の良さのカーディガンシャツスタイル

Small
エディフィス 赤 シャツ
コーディネートのポイント
カーディガンは優しい印象を与えるアイテムで、シャツは品がいい、キレイ目なアイテムなので、この2つのを合わせると、「育ちがいい、いい子ちゃん」風に見えるスタイルになります。外見上は、細身の人に似合いますが、そのままだと「アクがない、男らしさが足りない」人に見えます。コワモテの人は逆にこのようなスタイルをすることで怖い印象を無くすことができます。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

夏に海への小旅行

Small
エディフィス 赤 シャツ
コーディネートのポイント
ベストにシャツは似合う服の組み合わせです。暑い日のスタイルなので、リネンのベストで合わせています。ベストが無地なのでインナーのシャツは柄シャツでもOKです。また、パンツはハーフパンツやハンパ丈のパンツか、フルレングスのロングパンツの場合は裾をまくって合わせましょう。帽子をかぶることに抵抗が無い方はストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるとよりこじゃれた感じになります。
色については、赤と緑は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
エディフィス 赤 シャツ
コーディネートのポイント
柄物シャツを前開きで着る場合、インナーは無地が鉄則です。タンクトップやUネック、Vネックを合わせるとちょっと男らしい印象もプラスすることが出来ます。春夏向けのコーデなので、ボトムスはクロップドもしくはハーフパンツをチョイス。足元はサンダルやスリッポン、デッキシューズなどを履いて抜け感を演出しましょう!カジュアルなスニーカーでも可です。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

半端丈スウェットパンツの着こなし

Small
エディフィス 赤 シャツ
コーディネートのポイント
完全なフルレングスではない少し肌が見える半端丈のスウェットパンツも最近の流行。シャツの中にカットソーやタンクトップ、足元はスリッポンやスニーカーで合わせ、暖かい季節の余裕がある男の出来上がりです。
色については、赤と黒は格好よく見える色の組み合わせ方です。また、全体的にも、モノトーン(白黒グレ—)+有彩色1色でまとめていると、とても収まりがいい色の合わせ方になります。赤で目立つトップスをパンツと靴を黒くすることで抑えています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

暖かい季節のオシャレ好き男子スタイル

Small
エディフィス 赤 シャツ
コーディネートのポイント
柄シャツに無地のジレを合わせることで柄を抑えるのはオシャレな着こなしの1つ。キレイめなトップスに対して、パンツはジーンズで男らしく合わせるのも良いコーディネートです。足元はトップスのテイストでキレイめにレザーシューズで合わせても良し、男らしさを増したければブーツで合わせても良しです。
ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

メッシュスリッポンのシャツスタイル

Small
エディフィス 赤 シャツ
コーディネートのポイント
メッシュのスリッポンはメッシュがある分通常のスリッポンよりも夏に特化したアイテム。合わせる際はパンツは短丈が相性が良い組み合わせです。トップスにはシャツを合わせますが、少しでも柄が入っているシャツであれば、パンツは無地で合わせましょう。
色については赤とネイビーが相性の良い組み合わせになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
エディフィス 赤 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色については、暖色の赤と寒色であるブルーの要素もあるマリンブルーはそれなりに相性がいい色の組み合わせ。この2色以外を無彩色で色の邪魔をしない白で合わせているので、全体的にバランスが良い方のカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

半袖シャツとジーンズの夏スタイル

Small
エディフィス 赤 シャツ
コーディネートのポイント
夏のかわいめなシャツ&ジーンズスタイル。ジーンズ自体はハーフパンツかクロップドパンツといった素足を露出するタイプのものか、フルレングスなら裾をまくりって肌を露出させます。シャツを柄のシャツで合わせることで、無地シャツよりも「かわいい」コーディネートになります。靴はエスパドリーユ、ローファー、スリッポン、デッキシューズといった履き口の低い「夏シューズ」で合わせましょう。
色については、赤と暗めの無彩色(モノトーン)だけでまとめたコーディネートです。とてもオシャレな色の組み合わせですが、オシャレ過ぎる、格好良すぎて親しみやすさがないともいえます。少し一般的にしたい場合は、インナーを白くするといいでしょう。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツスウェットパンツのこなれコーデ

Small
エディフィス 赤 シャツ
コーディネートのポイント
柄シャツとスウェットパンツの洒落た男スタイル。 柄シャツには無地を合わせるのた鉄板ですので、無地のカットソーを合わせつつ、胸元が空いているものにして多少男らしく。パンツは最近流行の半端丈スウェットパンツで足元に少し肌を見せてリラックスした雰囲気に。靴はその雰囲気に合わせてスリッポンやローカットスニーカーで合わせ、暖かい季節の余裕がある男の出来上がりです。
赤とネイビーは、暖色と寒色の色の組み合わせのため、相性のいい色の組み合わせです。この2色以外を無彩色(モノトーンカラー)に抑えることでこの2色が引き立つカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る