鮮やかな水色のシャツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャツだけではピンと来ない方は、「えりがついているシャツ」・「ワイシャツ」のことだと思ってください。メンズのファッションにおいて王道のこの服は秋冬ジャケットを羽織ったり、夏には白シャツとインナーを合わせて上品でさわやかな印象を与えます。柄もチェックやストライプなど幅広く、コーデも色々組み合わせることが出来ます。例えばあったかい時期はカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えますし、デニムや綿のハーフパンツを持ってくれば、リラックスな着こなしになります。シャツのメンズの着こなし方は必ず押さえましょう。水色に比べてより鮮やかなので、水色に対してピンクが相性が良かったように、ビビットピンクと合います。もちろん水色のため、オレンジとも相性がいい色です。

鮮やかな水色のシャツ(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
UNITED TOKYO 鮮やかな水色 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については白が水色と相性がよく、さわやかで明るい印象になります。

鮮やかな水色のシャツ(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

鮮やかな水色のシャツ(ギンガム(ブロック)チェック, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
クリフ メイヤー 鮮やかな水色 シャツ
コーディネートのポイント
ブルゾンの中にシャツを着る、ブルゾンを使いつつもキレイ目に見せるコーディネートです。そもそもテイストとしてキレイ目が好きだけど、ブルゾンを使いたい、そんな時の合わせ方です。パンツをコーデュロイパンツや綿パンにすることで、大人っぽく見せる効果があります。
色については、青系統の色と無彩色でまとめた爽やかなカラーコーディネートです。

鮮やかな水色のシャツ(ギンガム(ブロック)チェック, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

鮮やかな水色のシャツ(総柄, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
TK 鮮やかな水色 シャツ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
色については白とチャコールグレーによりモノトーンができあがり、カラーコーディネート的にバランスのとれた組み合わせになります。そこに差し色として水色を入れることによって、よりカラーバランスが整ったコーディネートになります。

鮮やかな水色のシャツ(総柄, 半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

鮮やかな水色のシャツ(無地, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
Abercrombie & Fitch 鮮やかな水色 シャツ
コーディネートのポイント
暖かい季節にシャツをカジュアルに着こなすスタイルです。中にTシャツやタンクトップ、パンツはクロップドパンツで少し可愛く、靴は七分のクロップドパンツに合わせてハイカットのスニーカーで合わせるとバランスがいいコーディネートになります。
色については、ブルー系の色と茶色は比較的相性がいい色の組み合わせです。

鮮やかな水色のシャツ(無地, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る