赤のスウェット(プリントあり)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

トップスのスウェットはトレーナーとも言われます。顔が薄い男性だと、スウェットを1枚で着こなすのはなかなか難しく、コーディネートしづらいという問題があります。この場合、単品で着てもなかなか格好良くなりづらいアイテムですので、着こなしの場合は、ダウンベストやシャツのレイヤード、小物等を積極的につけましょう。そうすることでカジュアルな着こなしの中におしゃれな印象が増して、かっこよくなります。トレーナーをコーディネートしたいメンズのみなさんはぜひ実践しましょう。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

秋のスウェットのレイヤードスタイル

Small
G-Star Raw 赤 スウェット
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
アウターが鮮やかな色の場合、インナーは白か薄い色で合わせるのが鉄板の色使いです。また、暖色と寒色を合わせるのはオシャレな色使いなのですが、赤と青はそれぞれ暖色と寒色の代表的な色です。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのレイヤードスタイル

Small
G-Star Raw 赤 スウェット
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
色については、インナーから外に向けて暗くしていくと収まりがよくなります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのレイヤードスタイル

Small
G-Star Raw 赤 スウェット
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
色については、赤とブルーグリーンは相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストのスウェット合わせ

Small
G-Star Raw 赤 スウェット
コーディネートのポイント
ダウンベストとスウェットを合わせるカジュアルスタイルです。スウェットは1枚で着こなすにはハードルが高いアイテム(顔が濃い外人モデルのような人で無いと似合いづらいです)ですが、ダウンベストと合わせることで自然なレイヤードとなり、顔の雰囲気に関わらず似合いやすくなります。どちらもカジュアルで柔らかめの素材のアイテムですから、パンツは素材感が固いデニムかチノで合わせ、靴はスニーカー、またはブーツで合わせましょう。スニーカーで合わせれば、他のアイテム同様のカジュアルな統一感があり、ブーツなら男らしさが増します。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストとスウェットの無骨スタイル

Small
G-Star Raw 赤 スウェット
コーディネートのポイント
ダウンベストとスウェットを合わせるカジュアルスタイルです。スウェットは1枚で着こなすにはハードルが高いアイテム(顔が濃い外人モデルのような人で無いと似合いづらいです)ですが、ダウンベストと合わせることで自然なレイヤードとなり、顔の雰囲気に関わらず似合いやすくなります。今回はこのトップスに対して、下半身は男らしく、カーゴパンツ+ブーツで合わせるスタイルです。カジュアルさと男らしさの両方を備えたスタイルになります。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのベーシックスタイル

Small
G-Star Raw 赤 スウェット
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は1枚で着るには勇気がいるアイテムです。というのも、ボタンもなくシンプルすぎるアイテムのため、顔が濃い人の方がより似合うレベルが高いアイテムだからです。その上で着こなそうとする場合は、サイズのフィット感を大事にしつつ、マフラーやストールを合わせたり、などしてなるべく重ね着をするとオシャレに見えます。 上が柔らかいスウェットのため、パンツはジーンズやチノパンなど、硬めのパンツで合わせてください。靴はスウェットに合わせてカジュアルにスニーカーであわせるといいでしょう。
暖色と寒色の配色はオシャレな色の組み合わせですが、赤は暖色の代表色、青は寒色の代表色のため、この2色はとても相性がいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

肌寒い季節のナイロンパンツのスタイル

Small
G-Star Raw 赤 スウェット
コーディネートのポイント
ナイロンパンツのシャカシャカした素材感にはカジュアルな雰囲気のダウンベストやスウェットが合います。靴はナイロンパンツのスポーティな雰囲気とあわせてスニーカーであわせます。
カラーコーディネートについて。寒色のネイビーと、暖色の赤はオシャレな色の組み合わせです。また靴の茶色もネイビーと相性抜群の色合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツのシャツ合わせ

Small
G-Star Raw 赤 スウェット
コーディネートのポイント
ジョガーパンツは鉄板のスニーカーを合わせつつ、トップスにシャツを着る場合はこの3つだけでもいいのですが、寒い時期ならさらに上にスウェットを合わせてもオシャレです。全体的にカジュアルな、リラックス感のあるこなれたコーディネートになります。
赤とネイビーは、暖色と寒色の色の組み合わせのため、相性のいい色の組み合わせです。この2色以外を無彩色(モノトーンカラー)に抑えることでこの2色が引き立つカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンジャケットのスウェット合わせ

Small
G-Star Raw 赤 スウェット
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーにスウェットを合わせた冬のシンプル暖かいスタイル。パンツはジーンズ、靴はローカットスニーカーで合わせます。上半身が重めなので、パンツはテーパードで合わせるとバランスがとれて、全体として使っているアイテム自体は一般的でも、カッコ良いコーディネートになります。あまり奇抜なスタイルを好まない方にオススメです。
赤と黒はとても格好いい色の組み合わせです。赤と黒だけで合わせても格好いいのですが、少し格好良すぎる=気取っている、パーティ仕様っぽすぎる組み合わせになるため、アウターをチャコールグレーという黒より少しだけ明るい色にすることで、赤と黒がお洒落な組み合わせであるという効果は保ったまま、色味を増やさず多少落ち着いた雰囲気になります。オススメのカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る