水色のUネックTシャツ(プリントあり, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

U字型に、胸元が空いています。丸首との違いですが、丸首は首もとがより詰まっていて、肌の露出があまりありません。Vネックとの違いは、Uネックの方がVネックよりも胸元が露出します。なお、若いメンズはUネックの方が基本的には格好いいコーディネートです(草食系男子、控えめの方の場合は丸首の方が似合います)。UネックTシャツは、胸元がUになるので、アウターは胸元がVの字を作る服が相性がよく、かっこいい着こなし方です。具体的にはテーラードジャケットやカーディガンがおしゃれな組み合わせです。 水色はオレンジと相性がいい色です。白と合わせて爽やかにしつつ、オレンジと合わせると華やかにになります。あとは、同じ青系統の色と合わせるのもありですし、薄い青、ととらえると対照的に薄い赤であるピンクとも相性がいい色です。

Tシャツ&ハーパンの究極の春夏シンプルコーデ

Small
ハイダウェイ ニコル 水色 UネックTシャツ
コーディネートのポイント
Tシャツとハーフパンツを合わせた究極のシンプル&ラフスタイルです。ヘンリーネックやV、Uネックを選ぶと男らしくなります。丸首だと男らしさよりは、「無難・穏やか」な印象になります。無地のTシャツを使ったコーデは顔の濃い方やガタイがいい方向けです。そうではない方は、TシャツをボーダーやプリントTにすることでアクセントをつけるのが◎です!
色については水色と白の明るい色の組み合わせでとてもオシャレです。足元の色を黒にすることで全体のコーディネートが締まります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンの着こなし

Small
ハイダウェイ ニコル 水色 UネックTシャツ
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンは、そのナイロンという素材から、スポーティーでカジュアルなアイテムなので、靴はスニーカーで合わせます。また、カジュアルテイストで統一するため、インナーはTシャツ、パンツはデニムで合わせました。どちらかといえば男らしいテイストの人に合うコーディネートです。
色については、暖色のエンジと寒色の水色、ネイビーで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

暗い単色のスタジャンの無骨スタイル

Small
ハイダウェイ ニコル 水色 UネックTシャツ
コーディネートのポイント
暗目のスタジャンは、2色以上のカラフルな普通のスタジャンと違い、いわゆるスタジアムジャンパーというよりは、男らしいアイテムとなります。したがって、同じように無骨なアイテムと合わせます。とりわけ暗い色のスタジャンは男臭い人(ヒゲ、タバコ、オラオラ系等。ファッション誌「ROOD」のテイスト)に似合います。
色については、暖色のエンジと寒色の水色、ネイビーで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベスト夏コーデ

Small
ハイダウェイ ニコル 水色 UネックTシャツ
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色については、暖色のエンジと寒色の水色、ネイビーで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ジャケットのクロップドパンツスタイル

Small
ハイダウェイ ニコル 水色 UネックTシャツ
コーディネートのポイント
ジャケットにクロップド(七分丈)パンツを合わせるスタイルです。暖かい日のカジュアルコーディネートであり、胸元が空いている方が格好良く見えるため、インナーはVネックかUネックのTシャツを合わせます。パンツの丈がハンパなので、靴はローファー、デッキシューズのようなペタンコ靴か、ジャケットのキレイ目要素と同じ短靴で合わせるのが統一感があってマッチします。ハンパ丈は1カ所しか入れてはいけないため、今回はパンツだけがハンパな長さのスタイルです。「キレイ目だけど遊び心がある」スタイルです。
色については、暖色のエンジと寒色の水色、ネイビーで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

無地シャツの春夏スタイル

Small
ハイダウェイ ニコル 水色 UネックTシャツ
コーディネートのポイント
無地シャツを前開きで着る場合、インナーを柄物で合わせるとよりカジュアルになります!例えばボーダーやバイカラーのTシャツなど。もちろん無地Tでも全然ありです!春夏のコーデなので、ボトムスはフルレングスならロールアップ、もしくはハーフパンツをチョイスしましょう。そして、抜け感のあるシューズを合わせます。
色については、暖色のエンジと寒色の水色、ネイビーで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

親しみやすいジャケット+プリントT

Small
ハイダウェイ ニコル 水色 UネックTシャツ
コーディネートのポイント
Uネック、VネックのTシャツは胸元が見えることで男らしさがアピールされつつも、プリント柄があることで無地Tよりも親しみやすくなります。なお、控えめな性格の方は首元がつまりぎみの丸首Tシャツの方が似合いますが、単純に外見を格好よくしたければ、UネックやVネックTで合わせる事をオススメします。(顔が大きい方も、小顔効果があるのでUネックやVネックTをオススメします。サングラスやネックレス、季節によってはストーツやマフラーを巻くと、余計小顔効果が促進されます)
色については、暖色のエンジと寒色の水色、ネイビーで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

Tシャツにメッシュスリッポンの夏スタイル

Small
ハイダウェイ ニコル 水色 UネックTシャツ
コーディネートのポイント
夏にトップスを半袖Tシャツ1枚で済ませるときのスタイル。パンツは短パンのチノパンで、靴はメッシュのスリッポンを合わせることで夏らしいスタイルになります。
色については水色と白の組み合わせは夏にぴったりなさわやかなイメージになり、オシャレなカラーコーディネートになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

Tシャツ+スウェットパンツのラフスタイル

Small
ハイダウェイ ニコル 水色 UネックTシャツ
コーディネートのポイント
海辺が似合う歩くラフなスタイル。Tシャツ+スウェットというゆるいラフさに合わせて足元もサンダルでラフに合わせます。
色については水色と白の明るい色の組み合わせでとてもオシャレです。足元の色を黒にすることで全体のコーディネートが締まります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

コーデュロイハーフパンツのTシャツスタイル

Small
ハイダウェイ ニコル 水色 UネックTシャツ
コーディネートのポイント
コーデュロイパンツはキレイ目なアイテムです。最近ハーフのコーデュロイパンツも見かけるようになりましたが、シンプルに着こなすなら上はTシャツ1枚で合わせ、シューズはスニーカーやエスパドリーユ、サンダルでラフに合わせましょう。
水色と相性のいい色は黒です。さわやかなブルーとブラックの組み合わせはオシャレで大人っぽいカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る