うぐいす色のVネックTシャツ(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

メンズのVネックTシャツの着こなしは、30歳以下の若いメンズや男らしい性格の人は基本的に首元が詰まった丸首ネックよりこちらのVネックやUネックの方がかっこよく見えます。コーディネートする際の注意点は、アウターにジャケットやカーディガンを合わせないことです。どちらもV字型に空いているのでV同士であまり相性はよくありません。1枚で着こなすか、リネンシャツやチェックシャツと着こなしをするとさわやかでおしゃれになります。うぐいす色は地味で暗い色です。同じように彩度が暗めで地味ではない色(ネイビーやワインレッドなど)と合わせましょう。

Tシャツ&ハーパンの究極の春夏シンプルコーデ

Small
FREAK'S AMERICA うぐいす色 VネックTシャツ
コーディネートのポイント
Tシャツとハーフパンツを合わせた究極のシンプル&ラフスタイルです。ヘンリーネックやV、Uネックを選ぶと男らしくなります。丸首だと男らしさよりは、「無難・穏やか」な印象になります。無地のTシャツを使ったコーデは顔の濃い方やガタイがいい方向けです。そうではない方は、TシャツをボーダーやプリントTにすることでアクセントをつけるのが◎です!
色ですが、うぐいす色は中途半端な色のため、黒のようなハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさ抜群のワイルドスタイル

Small
FREAK'S AMERICA うぐいす色 VネックTシャツ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
色については、暗めの色同士で合わせて統一感を出しています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

タバコを片手に気だるそうに一息コーデ

Small
FREAK'S AMERICA うぐいす色 VネックTシャツ
コーディネートのポイント
モッズコートにVネックTシャツとエンジニアブーツを合わせることで、モッズコートが持つ「男らしい系アイテム」という属性と「モード系アイテム」という属性のうちの男らしい方にふれたコーディネートになります。 帽子をかぶることに抵抗がない、オシャレな人は黒のハットをかぶるのもアリです。
色については、暗めの色同士で合わせて統一感を出しています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

気取ってなく見せたい、ちょっとそこまで用

Small
FREAK'S AMERICA うぐいす色 VネックTシャツ
コーディネートのポイント
スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーとオールカジュアルアイテムでのコーディネートです。きれい目コーディネートが好きではなく、なるべくゆるっと、気を使っていない風に見せたい人にオススメです。
色については、暗めの色同士で合わせて統一感を出しています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンの着こなし

Small
FREAK'S AMERICA うぐいす色 VネックTシャツ
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンは、そのナイロンという素材から、スポーティーでカジュアルなアイテムなので、靴はスニーカーで合わせます。また、カジュアルテイストで統一するため、インナーはTシャツ、パンツはデニムで合わせました。どちらかといえば男らしいテイストの人に合うコーディネートです。
色については、暗めの色同士で合わせて統一感を出しています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の優しさと男らしさミックススタイル

Small
FREAK'S AMERICA うぐいす色 VネックTシャツ
コーディネートのポイント
ニットのアウターであるショールカラーカーディガンという鉄板のモテアイテムが持つ優しい雰囲気に、インナーパンツ靴を男らしく合わせることで、「優しさ」と「男らしさ」がミックスした極めて(大半の)女性ウケがいいコーディネートになります。
色については、暗めの色同士で合わせて統一感を出しています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

暗い単色のスタジャンの無骨スタイル

Small
FREAK'S AMERICA うぐいす色 VネックTシャツ
コーディネートのポイント
暗目のスタジャンは、2色以上のカラフルな普通のスタジャンと違い、いわゆるスタジアムジャンパーというよりは、男らしいアイテムとなります。したがって、同じように無骨なアイテムと合わせます。とりわけ暗い色のスタジャンは男臭い人(ヒゲ、タバコ、オラオラ系等。ファッション誌「ROOD」のテイスト)に似合います。
色については、暗めの色同士で合わせて統一感を出しています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

トレンチコートちょいラフコーデ

Small
FREAK'S AMERICA うぐいす色 VネックTシャツ
コーディネートのポイント
シングルのトレンチコートはえりが高いコートのため、インナーにUネックカットソーを合わせると、コートのえりの高さに対して、カットソーの胸元の深いところまで、首・胸元まわりの肌の露出が広く見えて、格好よく見えます。なお、シングルの場合は春、ダブルのトレンチコートの場合は秋に着るのが一番季節感とはあっています。今回はインナーにTシャツを合わせ、細身のパンツにキレイ目な靴を合わせるという少しラフなとりわけ春先に合うトレンチコートスタイルです。
色については、暗めの色同士で合わせて統一感を出しています。

ライダースダブルの可愛い目スタイル

Small
FREAK'S AMERICA うぐいす色 VネックTシャツ
コーディネートのポイント
ライダースジャケット(ダブル)は無骨目なアイテムです。インナーも無骨に、胸元が空いたUネックカットソー等と合います。また、ライダースジャケットはゆったり着るアイテムではなく、体にぴっちり着るシルエットになるため、パンツはサルエルをゆるめに履くのも合います。この場合、サルエルパンツ自体が、(素材が何であれ)可愛い要素のアイテムですから、パンツに合わせて、靴も可愛くスニーカーで合わせます。
色については、暗めの色同士で合わせて統一感を出しています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ライダースダブルのコーディネート

Small
FREAK'S AMERICA うぐいす色 VネックTシャツ
コーディネートのポイント
ダブルのライダースジャケット(シングルと違い、前で折り重なるタイプ)の鉄板コーディネートです。ライダースジャケットはともかく無骨なアイテムですから、インナーは胸元の空いたUネックやVネックのカットソーと合わせます。あとはどこまで無骨にするかですが、がっつり男臭く行きたい方は、パンツをカーゴパンツ、そこまでしたくない場合はデニム(ジーンズ)で合わせましょう。足下は基本的にブーツと合わせます。
色については、暗めの色同士で合わせて統一感を出しています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る