ベージュのブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ブルゾンはいわゆる「ジャンパー」です。丈は短めで腰ぐらいまでの長さで、ジャケットのように下が開かず、ジップにしてもボタンにしても腰回りに余裕を作らず、ぴたっと体にフィットさせるアウター全般を指します。男らしい印象になるアイテムです。男性が着るブルゾンジャンパーはレザーやボアレザー、ナイロン、デニムブルゾンなど様々な種類のブルゾンがあります。今回はこのメンズ向けのブルゾンのファッションコーディネート、おしゃれな着こなし方について解説していきます。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

ブルゾン(ジャンパー)の無骨スタイル

Small
JOURNAL STANDARD ベージュ ブルゾン
コーディネートのポイント
ジャケットがキレイ目なアイテムであることと比較して、ブルゾンは全体的に男らしいアイテムです。この男らしさをそのまま生かすと、インナーは胸元が空いた無地のTシャツ、パンツはデニムかチノで靴にワークブーツを持ってくると、無骨テイストなブルゾンスタイルが完成します。
ベージュはぼやけた色なので、白か黒かその両方という、ハッキリした無彩色と合わせるのが1番格好いい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾン(ジャンパー)カジュアルスタイル

Small
JOURNAL STANDARD ベージュ ブルゾン
コーディネートのポイント
ブルゾンのインナーにプリントT、シューズはスニーカーで合わせる、ブルゾンをカジュアルで親しみがあるテイストで合わせた着こなしです。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾンを大人っぽくキレイ目に着るスタイル

Small
JOURNAL STANDARD ベージュ ブルゾン
コーディネートのポイント
ブルゾンの中にシャツを着る、ブルゾンを使いつつもキレイ目に見せるコーディネートです。そもそもテイストとしてキレイ目が好きだけど、ブルゾンを使いたい、そんな時の合わせ方です。パンツをコーデュロイパンツや綿パンにすることで、大人っぽく見せる効果があります。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾンとシャツのコーディネート

Small
JOURNAL STANDARD ベージュ ブルゾン
コーディネートのポイント
トップスはブルゾン、靴はスニーカーやブーツとカジュアルに合わせつつ、中にシャツをインすることで、少しだけキレイ目な印象を持たせる効果があります。カジュアルさとキレイ目のハーフ&ハーフなコーディネートです。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾン+ニットの男らしく優しいコーデ

Small
JOURNAL STANDARD ベージュ ブルゾン
コーディネートのポイント
多少男らしいアイテムであるブルゾンの中にセーターを合わせることで、ブルゾンの男らしさとニットの優しい雰囲気が合わさったコーディネートになります。パンツはチノ、シューズはインナーのニットの雰囲気と合わせてスニーカーか、アウターのブルゾンの雰囲気と合わせてブーツで合わせます。
アウターのベージュとシューズの茶色は同じ茶色系の色同士で合う色です。また、ベージュは黒、白といった無彩色(モノトーン色)合わせるのが相性がいい色の組み合わせですので、インナーとパンツに黒とチャコールグレーを持ってきています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾンとスニーカーのコーディネート

Small
JOURNAL STANDARD ベージュ ブルゾン
コーディネートのポイント
ブルゾンは男らしいアイテムなので、インナーはUネックやVネックといった胸元の空いた(=男らしい要素がある)Tシャツと合わせるのは相性が良い合わせ方です。パンツはチノパンかデニムを合わせつつ、今回はシューズはスニーカーで合わせました。スニーカーならば、ブーツに比べて男らしすぎない、程よいカジュアル感が出ます。
アウターとシューズは柔らかい色同士で相性がよく、インナーはシューズと同じブルーで合わせることで色数を抑えつつ、ハッキリした色である白のパンツを合わせることでメリハリのあるカラーコーディネートとなります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾンと無地Tのコーディネート

Small
JOURNAL STANDARD ベージュ ブルゾン
コーディネートのポイント
ブルゾンに無地の丸首Tシャツを合わせるコーディネート。パンツはカジュアルな上半身に合わせてチノパンとスニーカーで合わせます。この服の組み合わせ方自体は特段お洒落な合わせ方ではないので、色合わせをお洒落にすることで、全体として良いコーディネートになります。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る