黒・ブラックのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

胸の前の部分を閉じようとすると、生地が重なるような形のライダースジャケットのことです。 メンズがライダースを着こなす場合、無骨で男らしい人ほど似合います。素材はレザーのものが多く、服の形状は今回紹介しているダブルライダースの他に前合わせが一重のシングルタイプのものもあります。春になるとライダースをグレーのパーカーと合わせてカジュアルに着こなす男性も多く、これもメンズの間では人気のコーディネートです。またハーレーのようなバイクを乗りこなす時には決まってこのジャケットをライダーのみなさんは着用しています。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

黒・ブラックのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
タケオキクチ 黒・ブラック ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのライダースジャケット(前の部分が折り重なるライダースジャケット)は、無骨で男らしいアイテムですが、これに可愛い要素であるフードがついているパーカーをインナーに挟み込むと、無骨さと可愛さを両方合わせ持つ、コーディネートになります。パンツはノーマルな形でももちろんあうのですが、ダブルのライダースが体にぴっちりつくアイテムのため、テーパードパンツやサルエルパンツのような股下が長めのゆるっとしたパンツも相性がいいアイテムです。(「ぴっちり」と「ゆるっと」は相性がいいのです)
色については、黒と白とベージュの3色は鉄板のオシャレな色の組み合わせ方です。

黒・ブラックのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

黒・ブラックのライダース(ダブル)(レザー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe 黒・ブラック ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのライダースジャケット(シングルと違い、前で折り重なるタイプ)の鉄板コーディネートです。ライダースジャケットはともかく無骨なアイテムですから、インナーは胸元の空いたUネックやVネックのカットソーと合わせます。あとはどこまで無骨にするかですが、がっつり男臭く行きたい方は、パンツをカーゴパンツ、そこまでしたくない場合はデニム(ジーンズ)で合わせましょう。足下は基本的にブーツと合わせます。
色については、黒と白とベージュの3色は鉄板のオシャレな色の組み合わせ方です。

黒・ブラックのライダース(ダブル)(レザー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る