ライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

胸の前の部分を閉じようとすると、生地が重なるような形のライダースジャケットのことです。 メンズがライダースを着こなす場合、無骨で男らしい人ほど似合います。素材はレザーのものが多く、服の形状は今回紹介しているダブルライダースの他に前合わせが一重のシングルタイプのものもあります。春になるとライダースをグレーのパーカーと合わせてカジュアルに着こなす男性も多く、これもメンズの間では人気のコーディネートです。またハーレーのようなバイクを乗りこなす時には決まってこのジャケットをライダーのみなさんは着用しています。

黒・ブラックのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
タケオキクチ 黒・ブラック ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
男臭いダブルのライダースと、優しい要素であるニットを合わせたスタイルです。男らしさと、優しい要素の両方の印象を与えることができ、無骨すぎても嫌だし優しいだけの人に見えるのも嫌だという方には、うってつけのスタイルです。
色については、黒と白とベージュの3色は鉄板のオシャレな色の組み合わせ方です。

黒・ブラックのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
フリークスストア 青・ブルー ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ライダースダブルに無地のチノパン、エンジニアブーツと無骨目ななか、インナーにアーガイルのニットを持ってくることでただ男らしいだけでなく、優しい雰囲気とアーガイルによるオシャレ要素として「可愛い」雰囲気が加わります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

青・ブルーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード レリューム メンズ 紺・ネイビー ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ライダースジャケット(ダブル)は無骨目なアイテムです。インナーも無骨に、胸元が空いたUネックカットソー等と合います。また、ライダースジャケットはゆったり着るアイテムではなく、体にぴっちり着るシルエットになるため、パンツはサルエルをゆるめに履くのも合います。この場合、サルエルパンツ自体が、(素材が何であれ)可愛い要素のアイテムですから、パンツに合わせて、靴も可愛くスニーカーで合わせます。
色については、青系色と白であわせた爽やかなカラーコーディネートです。

紺・ネイビーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

うぐいす色のライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース うぐいす色 ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのライダースとエンジニアブーツの男臭さを、丸首セーターの優しい雰囲気で中和します。
色については、全体的にくすんだ色で統一された統一感があるオシャレなカラーコーディネートです。

うぐいす色のライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
タケオキクチ ベージュ ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのライダースとエンジニアブーツの男臭さを、丸首セーターの優しい雰囲気で中和します。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

ベージュのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

チャコールグレーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
アニエスベー オム チャコールグレー ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
男臭いダブルのライダースと、可愛い要素であるサルエルのパンツの甘辛ミックススタイルです。男らしさと、ファッション好きとしての可愛い要素の両方の要素をアピールしたい方用のスタイルです。
色については、ベージュはモノトーン色(白、黒、グレー)と合わせるのが1番オシャレになる色あわせですから、これらをうまく組み合わせています。

チャコールグレーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

グレーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ハルハム グレー ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのライダースジャケット(シングルと違い、前で折り重なるタイプ)の鉄板コーディネートです。ライダースジャケットはともかく無骨なアイテムですから、インナーは胸元の空いたUネックやVネックのカットソーと合わせます。あとはどこまで無骨にするかですが、がっつり男臭く行きたい方は、パンツをカーゴパンツ、そこまでしたくない場合はデニム(ジーンズ)で合わせましょう。足下は基本的にブーツと合わせます。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

グレーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

茶色のライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
マインドブロウ 茶色 ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのライダースとエンジニアブーツの男臭さを、丸首セーターの優しい雰囲気で中和します。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

茶色のライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ブルーグリーンのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース ブルーグリーン ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ライダースジャケット(ダブル)は無骨目なアイテムです。インナーも無骨に、胸元が空いたUネックカットソー等と合います。また、ライダースジャケットはゆったり着るアイテムではなく、体にぴっちり着るシルエットになるため、パンツはサルエルをゆるめに履くのも合います。この場合、サルエルパンツ自体が、(素材が何であれ)可愛い要素のアイテムですから、パンツに合わせて、靴も可愛くスニーカーで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ブルーグリーンとネイビーを引き立たせる効果があります。

ブルーグリーンのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

こげ茶のライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジージーディー こげ茶 ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのライダースに無地のチノパン、エンジニアブーツと無骨目ななか、インナーにボーダーニットを持ってくることでただ男らしいだけでなく、優しい雰囲気とボーダーによる少し可愛い雰囲気が加わります。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

こげ茶のライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

マリンブルーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー タケオキクチ マリンブルー ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
男臭いダブルのライダースと、優しい要素であるニットを合わせたスタイルです。男らしさと、優しい要素の両方の印象を与えることができ、無骨すぎても嫌だし優しいだけの人に見えるのも嫌だという方には、うってつけのスタイルです。
色については、全体的に暗めの色で統一感を出しています。

マリンブルーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る