紺・ネイビーのライダース(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

胸の前の部分を閉じようとすると、生地が重なるような形のライダースジャケットのことです。 メンズがライダースを着こなす場合、無骨で男らしい人ほど似合います。素材はレザーのものが多く、服の形状は今回紹介しているダブルライダースの他に前合わせが一重のシングルタイプのものもあります。春になるとライダースをグレーのパーカーと合わせてカジュアルに着こなす男性も多く、これもメンズの間では人気のコーディネートです。またハーレーのようなバイクを乗りこなす時には決まってこのジャケットをライダーのみなさんは着用しています。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

紺・ネイビーのライダース(ダブル)(レザー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 紺・ネイビー ライダース(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのライダースジャケット(シングルと違い、前で折り重なるタイプ)の鉄板コーディネートです。ライダースジャケットはともかく無骨なアイテムですから、インナーは胸元の空いたUネックやVネックのカットソーと合わせます。あとはどこまで無骨にするかですが、がっつり男臭く行きたい方は、パンツをカーゴパンツ、そこまでしたくない場合はデニム(ジーンズ)で合わせましょう。足下は基本的にブーツと合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

紺・ネイビーのライダース(ダブル)(レザー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る