ベージュのフード付きブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

フードが付いている分、多少かわいく見える効果のあるブルゾンです。もちろん防寒、雨が降った時に雨よけする効果もあります。とはいえ、多少のかわいさなので、フード以外の部分は男らしいアイテムです。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

フード付きブルゾンの男らしいコーディネート

Small
SHIPS JET BLUE ベージュ フード付きブルゾン
コーディネートのポイント
フードがあると、フードが無いブルゾンに比べて「かわいい」要素・属性がつきます。したがって、インナーは胸元が空いた無地のTシャツ・カットソーを合わせることで、男らしさをプラスして中和するとバランスがよくなります。全体的に無骨に、男らしく持って行くならパンツはジーンズやカーゴ、靴はブーツで合わせましょう。
ベージュはぼやけた色なので、白か黒かその両方という、ハッキリした無彩色と合わせるのが1番格好いい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

フード付きブルゾンのカジュアルコーデ

Small
SHIPS JET BLUE ベージュ フード付きブルゾン
コーディネートのポイント
フード付きブルゾンは、フードがあることで多少可愛く見えるアイテム。シューズはフードのかわいい要素をいかして、スニーカーで合わせることもできます。この場合、パンツはジーンズやチノパンで合わせるといいでしょう。
色については、今回は通常白や黒と合わせるベージュを白黒以外で合わせないパターンです。ベージュは茶色に近い色ですので、同じく茶色に近いエンジ(ワインレッド、ボルドー)とその茶色と合わせることで、暖色(赤系統色)の統一感が出ます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

フード付きブルゾンとスウェットパンツ

Small
SHIPS JET BLUE ベージュ フード付きブルゾン
コーディネートのポイント
フード付きブルゾン(ジャンパー)はフードがつく分、他のブルゾンより優しい、かわいい印象になり、ブルゾン本体の無骨系の属性にたいして男臭さを中和する効果があります。パンツをスウェットパンツで合わせてゆるく合わせても問題ありません。今回、シューズは同じくゆるめ(カジュアルめ)ということでスニーカーと合わせます。
ベージュとネイビーは相性がいい色の組み合わせです。カラーコーディネートとして、胸辺りからはじまり、外側に、下に向かっていくにつれて濃く、暗くなるように意識しています。その結果、インナーは白で始まり、アウターのベージュからグレーのパンツを通り最後は靴のネイビーに向かうといったように、だんだん色が濃く、暗くなっていきます。このように上から下にかけて色がグラデーションになると収まりがよくお洒落に見えます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

フード付きブルゾンのニットスタイル

Small
SHIPS JET BLUE ベージュ フード付きブルゾン
コーディネートのポイント
フード付きブルゾンのインナーにニットを着込んだスタイル。丸首セーターに、パンツはチノ、靴はスニーカーでカジュアルに合わせます。フードが付いていることで多少かわいい雰囲気に、またセーターで優しい雰囲気を醸し出します。全体的に、ブルゾンを着つつも優しい雰囲気になるカジュアルなスタイルです。
ベージュとネイビーは相性がいい色の組み合わせです。カラーコーディネートとして、胸辺りからはじまり、外側に、下に向かっていくにつれて濃く、暗くなるように意識しています。その結果、インナーは白で始まり、アウターのベージュからグレーのパンツを通り最後は靴のネイビーに向かうといったように、だんだん色が濃く、暗くなっていきます。このように上から下にかけて色がグラデーションになると収まりがよくお洒落に見えます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る