赤のフード付きブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

フードが付いている分、多少かわいく見える効果のあるブルゾンです。もちろん防寒、雨が降った時に雨よけする効果もあります。とはいえ、多少のかわいさなので、フード以外の部分は男らしいアイテムです。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

フード付きブルゾンの男らしいコーディネート

Small
Freeman 赤 フード付きブルゾン
コーディネートのポイント
フードがあると、フードが無いブルゾンに比べて「かわいい」要素・属性がつきます。したがって、インナーは胸元が空いた無地のTシャツ・カットソーを合わせることで、男らしさをプラスして中和するとバランスがよくなります。全体的に無骨に、男らしく持って行くならパンツはジーンズやカーゴ、靴はブーツで合わせましょう。
色については、暖色の赤と寒色のネイビーという相性がいい色同士です。さらにネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の合う色同士の組み合わせですから、全体的にオシャレな色の組み合わせになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

フード付きブルゾンのカジュアルコーデ

Small
Freeman 赤 フード付きブルゾン
コーディネートのポイント
フード付きブルゾンは、フードがあることで多少可愛く見えるアイテム。シューズはフードのかわいい要素をいかして、スニーカーで合わせることもできます。この場合、パンツはジーンズやチノパンで合わせるといいでしょう。
色については、赤と黒は格好よく見える色の組み合わせ方です。また、全体的にも、モノトーン(白黒グレ—)+有彩色1色でまとめていると、とても収まりがいい色の合わせ方になります。赤で目立つトップスをパンツと靴を黒くすることで抑えています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

フード付きブルゾンとスウェットパンツ

Small
Freeman 赤 フード付きブルゾン
コーディネートのポイント
フード付きブルゾン(ジャンパー)はフードがつく分、他のブルゾンより優しい、かわいい印象になり、ブルゾン本体の無骨系の属性にたいして男臭さを中和する効果があります。パンツをスウェットパンツで合わせてゆるく合わせても問題ありません。今回、シューズは同じくゆるめ(カジュアルめ)ということでスニーカーと合わせます。
色については、赤と黒は格好よく見える色の組み合わせ方です。また、全体的にも、モノトーン(白黒グレ—)+有彩色1色でまとめていると、とても収まりがいい色の合わせ方になります。赤で目立つトップスをパンツと靴を黒くすることで抑えています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

フード付きブルゾンのニットスタイル

Small
Freeman 赤 フード付きブルゾン
コーディネートのポイント
フード付きブルゾンのインナーにニットを着込んだスタイル。丸首セーターに、パンツはチノ、靴はスニーカーでカジュアルに合わせます。フードが付いていることで多少かわいい雰囲気に、またセーターで優しい雰囲気を醸し出します。全体的に、ブルゾンを着つつも優しい雰囲気になるカジュアルなスタイルです。
色については、赤、青、白のフランスカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る