グレーのマウンテンパーカーのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャカシャカしたナイロン素材のアウトドアに適したパーカーです。いわゆるパーカ付きのジャンパーです。秋冬などの寒い季節に活躍するメンズファッションアイテムで、元々は登山用の防寒具として使われていたので、機能性がよく、撥水加工もされているので雨などにも強いです。登山に必要な小物を入れるためのポケットがたくさん付いていて、パーカーも派手な色が多いのも特徴です。コーディネートは、明るい色に合わせてジーンズ・白シャツと、シンプルでカジュアルな着こなしがおすすめです。 グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

柄マウンテンパーカーのシャツスタイル

Small
SHIPS グレー マウンテンパーカー
コーディネートのポイント
マウンテンパーカーにシャツを合わせるスタイル。マウンテンパーカーというアウトドア向きのアウターではありますが、インナーにシャツを持ってくることで、靴も短靴等でキレイ目に合わせてしまってOKです。パンツはチノで、トップスが無地ならパンツを柄で遊んでも可愛いくなります。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

マウンテンパーカーのキレイ目スタイル

Small
SHIPS グレー マウンテンパーカー
コーディネートのポイント
マウンテンパーカのつるっとした素材に対して、中はごわっとしたニットのカーディガンを合わせることで、バランスがよくなります。さらにその中にシャツを入れて、パンツはチノ、シャツのキレイ目要素を生かして靴は短靴かチャッカブーツで合わせます。こうすると、マウンテンパーカーをキレイ目にあわせたスタイルになります。マウンテンパーカを持っているものの、あまり無骨系なノリが好きじゃない人はこのように着こなしましょう!
色については、ブルーグリーンを目立つように、他の色を控えめな主張しない色で合わせたカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

マウンテンパーカーの可愛めスタイル

Small
SHIPS グレー マウンテンパーカー
コーディネートのポイント
マウンテンパーカのつるっとした素材に対して、中はごわっとしたニットのカーディガンを合わせることで、バランスがよくなります。カーディガンは柄ものを使って遊びましょう。さらにその中にシャツを入れて、パンツはチノ、シャツのキレイ目要素を生かして靴は短靴かチャッカブーツで合わせます。こうすると、マウンテンパーカーをキレイ目にあわせたスタイルになります。マウンテンパーカを持っているものの、あまり無骨系なノリが好きじゃない人はこのように着こなしましょう!
色については、ネイビー・青系統色と茶色はオシャレな色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

マウンテンパーカーのジャージパンツスタイル

Small
SHIPS グレー マウンテンパーカー
コーディネートのポイント
マウンテンパーカーにジャージパンツを合わせるスタイル。それぞれの素材感が違うので、うまくバランスをとれます。靴はジャージのスポーティな雰囲気と合わせてスニーカーで合わせましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はネイビー)を引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

短丈ジャージパンツのスタイル

Small
SHIPS グレー マウンテンパーカー
コーディネートのポイント
短丈のジャージパンツは実はオシャレアイテムとして使えるアイテムです。今回はマウンテンパーカーをアウターとして着て、中はタンクトップでゆるくあわせてシューズはカジュアルにローカットスニーカーで合わせるスタイル。ジャージのリラックスした雰囲気は、余裕がある男に見せる効果があります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はネイビー)を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る