白のプルオーバーのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

プルオーバーは、中にシャツやTシャツをチラ見せさせてレイヤードで着ることの多い、トップスです。大きめのハットにクロップドパンツ、短靴といったスタイルがマッチします。「ザ・オシャレ好き、服好き」という雰囲気を醸し出します。原宿のファッション好き、ショップスタッフ、ミュージシャン等が着る印象の服です。プルオーバーはメンズにとってなかなか馴染みが無いかもしれませんが、プルオーバー、プルオーバーパーカーの着こなしはぜひ試してほしいコーディネートです。白は爽やかさ、クリーンなイメージを与えます。また、暗い色を多く使いがちのメンズファッションで、ポイントで1箇所使うことで、カラーコーディネート全体が重くならず「抜け感」を与えることができます。

白のプルオーバー(半そで, 柄なし)のメンズコーディネート・着こなし

Small
セブンデイズサンデイ メンズ 白 プルオーバー
コーディネートのポイント
プルオーバーはインナーに無地Tシャツを合わせて、パンツはクロップド丈、靴はレザーシューズで合わせて、頭に大きめのハットをかぶると「THE・プルオーバー着た原宿にいそうなオシャレさん」といった格好になります。
色については、ピンクとグレ—は相性がいい色の組み合わせです。

白のプルオーバー(半そで, 柄なし)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

白のプルオーバー(半そで, 柄あり)のメンズコーディネート・着こなし

Small
シェアパーク 白 プルオーバー
コーディネートのポイント
プルオーバーはインナーに無地Tシャツを合わせて、パンツはクロップド丈、靴はレザーシューズで合わせて、頭に大きめのハットをかぶると「THE・プルオーバー着た原宿にいそうなオシャレさん」といった格好になります。
色については、クリームイエロー、薄い青、グレ—と薄い(彩度が低い)色同士で合わせています。このように、色の明度(明るさ)や彩度(鮮やかさ)を合わせるのもオシャレに見える色使いのテクニックです。

白のプルオーバー(半そで, 柄あり)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

白のプルオーバー(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
アーバンリサーチサニーレーベル(メンズ) 白 プルオーバー
コーディネートのポイント
長そでのプルオーバーは、フルレングスのパンツと合わせると全体的に少し重いので、クロップド丈やハーフパンツと合わせるのが鉄板です。フルレングスではない丈のパンツはカジュアル要素のアイテムのため、同じくカジュアルなローカットスニーカーで合わせます。
色については、茶色、焦げ茶、ベージュはアースカラーと呼ばれるおしゃれな色の組み合わせで、これらの色と白を合わせるとオシャレなカラーコーディネートになります。

白のプルオーバー(長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

白のプルオーバー(長そで, 柄なし)のメンズコーディネート・着こなし

Small
アーバンリサーチ 白 プルオーバー
コーディネートのポイント
長そでのプルオーバーは、フルレングスのパンツと合わせると全体的に少し重いので、クロップド丈やハーフパンツと合わせるのが鉄板です。フルレングスではない丈のパンツはカジュアル要素のアイテムのため、同じくカジュアルなローカットスニーカーで合わせます。
色については、茶色、焦げ茶、ベージュはアースカラーと呼ばれるおしゃれな色の組み合わせで、これらの色と白を合わせるとオシャレなカラーコーディネートになります。

白のプルオーバー(長そで, 柄なし)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

白のプルオーバー(長そで, 柄あり)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ROSE BUD COUPLES 白 プルオーバー
コーディネートのポイント
長そでのプルオーバーは、フルレングスのパンツと合わせると全体的に少し重いので、クロップド丈やハーフパンツと合わせるのが鉄板です。フルレングスではない丈のパンツはカジュアル要素のアイテムのため、同じくカジュアルなローカットスニーカーで合わせます。
色については、黒と白のみのモノトーンになります。モノトーンは大人っぽい印象をつくることができます。

白のプルオーバー(長そで, 柄あり)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る