ワインレッドのショールカラーカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーカーディガンは生地が厚く、えりが長いのが特徴です。基本的にはアウターとして着るアイテムですが、寒い季節にはダウンベストなどを羽織ることもあります。 単体で女性ウケ抜群のショールカラーカーディガンですが、コーディネートする際はニットが持つ優しい要素に加えてインナーは胸元をあけ、パンツ靴も男らしくするのがオススメです。優しさに男らしさを兼ね備えた雰囲気を醸し出し、さらに女性のハートをつかむこと間違いありません。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

秋冬の優しさと男らしさミックススタイル

Small
TAKEO KIKUCHI ワインレッド ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ニットのアウターであるショールカラーカーディガンという鉄板のモテアイテムが持つ優しい雰囲気に、インナーパンツ靴を男らしく合わせることで、「優しさ」と「男らしさ」がミックスした極めて(大半の)女性ウケがいいコーディネートになります。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬のモテの王様ショールカラーニットスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI ワインレッド ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ショールカラーカーディガンは「ショールカラー」の品の良さと「ニット」の優しい雰囲気を両方持つため、女性向けが抜群のアイテム。必ず1つは持っておきたい服です。そんなショールカラーカーディガンは、シャツと合わせる事もできますが、圧倒的にカッコいいのはインナーに胸元の空いた無地Tシャツを合わせるスタイル。プリントTと合わせると可愛い要素が強くなってしまいます。パンツはカジュアルなパンツは割となんでも合いますが、デニムとスニーカーでラフに合わせることで「余裕がある男」に見え、女性ウケ効果がさらに高まります。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
TAKEO KIKUCHI ワインレッド ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ダウンベストとショールカラーカーディガンは似合う服のコーディネートです。また、ショールカラーカーディガンのニット特有の優しさを演出する事も出来ます。パンツはデニムやチノで合わせてもOKですし、コーデュロイパンツで合わせると季節感が出ます。
色については、黒白のモノトーン色に、暖色の赤系統色であるエンジ(ワインレッド)、茶色等を合わせたカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーニットのシンプルモテスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI ワインレッド ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ショールカラーカーディガンは女性ウケが抜群のアイテム。「ショールカラー」の品の良さと「ニット」の優しい雰囲気を両方持つためです。そんなショールカラーカーディガンは、シャツと合わせることもできますが、抜群にカッコいいのはインナーに胸元の空いた無地Tシャツを合わせるスタイルです。肌寒ければマフラーを巻いてもOK。パンツにチノパンを合わせる場合は、スニーカーやブーツと合わせましょう。より男らしく見られたい方はブーツを、特にそういった雰囲気を出したくない方はスニーカーで合わせましょう。
色については、エンジ(ワインレッド)と黒は大人の雰囲気を漂わせるオシャレで格好いいカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーニットのデニムシャツ合わせ

Small
TAKEO KIKUCHI ワインレッド ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ショールカラーカーディガンはニットの優しさとショールカラーによる品の良さの両方を兼ね備えたモテアイテム。インナーにデニムシャツを着ることで、デニムシャツの男らしさをミックスします。インナーでデニムを使ったので、パンツはさらっとした綿パン・チノパンで合わせます。靴は男らしく見せたいならブーツ、ショールカラーやシャツの品の良さを生かして品良く合わせるなら短靴、カジュアルに行くならスニーカーで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジを引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツにニットスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI ワインレッド ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ショールカラーカーディガン+ネルシャツで素材としても見た目としても暖かい、優しい雰囲気の上半身に、ジョガーパンツ+スニーカーでスポーティかつリラックス感のある下半身を合わせたスタイル。コーディネートのセンスがいいと思われるオシャレなコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジ、ピンクを引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーニットとスリッポンのラフコーデ

Small
TAKEO KIKUCHI ワインレッド ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ショールカラーニットをラフに着こなすコーディネートです。パンツはジーンズ、シューズはスリッポンと、カジュアルな印象を与える王道2アイテムを合わせます。お洒落さ、大人っぽさ、リラックス感を感じさせるコーディネートです。
色については、ネイビーとえんじ色(ワインレッド、ボルドー)は鉄板のオシャレな組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ウエスタンシャツと無地ショールカラーニット

Small
TAKEO KIKUCHI ワインレッド ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ウエスタンシャツを秋冬にインナーに着たい場合のスタイル。正直ウエスタンシャツはインナー使いすることはあまりお勧めしないのですが、(だいたいの場合、ウエスタンシャツでなく普通の無地シャツを合わせた方がいいコーディネートになりやすいため)どうしてもインナー使いでアウターになにか羽織りたい、という場合のコーディネートです。アメカジアイテムのため、ボア系アイテムがとりわけ相性がいいのですが、他に合わせる場合、ショールカラーカーディガンやカウチンニットと合わせるのもアリです。
色についてですが、ワインレッドとネイビーは鉄板のオシャレな色使いです。まず、赤と青といった暖色と寒色の組み合わせが相性がいい色の組み合わせであることが1つと、その上でワインレッドとネイビーは明度(明るさ)も同程度だからです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る