ワインレッドのショールカラーカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーカーディガンは生地が厚く、えりが長いことが特徴で、アウターとして着るカーディガンです(ただし、ダウンベストをはおることも出来ます)。メンズのファッションの中では着こなしが難しいとされるカーディガンですが、普通のカーディガンはではなくてもっと個性的な着こなしがしたい、おしゃれなファッションがしたいという方も多いでしょう。このようなメンズにおすすめなのがショールカラーカーディガン。襟元にボリュームがあり、カーディガンのデザインも多いのでコーディネートの幅が一気に広がります。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドのショールカラーカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI ワインレッド ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ニットのアウターであるショールカラーカーディガンという鉄板のモテアイテムが持つ優しい雰囲気に、インナーパンツ靴を男らしく合わせることで、「優しさ」と「男らしさ」がミックスした極めて(大半の)女性ウケがいいコーディネートになります。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

ワインレッドのショールカラーカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る