ベージュのスタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

「スタジアムジャンパー」の略です。元々はスポーツ選手の上着で、胴の部分と腕の部分で色が違い、また胴がウールで腕が革であることが多いです。左胸にはチームのロゴマークがついています。このジャケットを着ると少年のようなかわいいカジュアルな印象になり、メンズのファッションアイテムでは人気の高い商品の一つです。スタジャンの着こなし方は、足元は必ずスニーカーを合わせてください。インナーはプリントTシャツやパーカー、ボトムスはチノパンやデニムで全体をアメカジ風にコーディネートするとオシャレになります。 ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

ベージュのスタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジュンレッド ベージュ スタジャン(2色以上)
コーディネートのポイント
えりがたっていないブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。スタジャンはこの条件を満たしたブルゾンのため、スタジャンの王道コーデであるデニム、スニーカー合わせのコーデにパーカーを差し込みます。スタジャンは少年っぽさがあるアイテムのため、フードつきのパーカーも合わせて、若く元気に見えるスタイルです。元気な雰囲気の人、背が低めの人に合います。逆に「ガリ勉」、「真面目」、「草食系」といった雰囲気の人には似合いません。デニムの代わりにチノパンでも問題ありません。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

ベージュのスタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る