深緑のスタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

「スタジアムジャンパー」の略です。元々はスポーツ選手の上着で、胴の部分と腕の部分で色が違い、また胴がウールで腕が革であることが多いです。左胸にはチームのロゴマークがついています。このジャケットを着ると少年のようなかわいいカジュアルな印象になり、メンズのファッションアイテムでは人気の高い商品の一つです。スタジャンの着こなし方は、足元は必ずスニーカーを合わせてください。インナーはプリントTシャツやパーカー、ボトムスはチノパンやデニムで全体をアメカジ風にコーディネートするとオシャレになります。 緑・グリーンは赤や黄色に比べると明度(色の明るさ)や彩度(色の鮮やかさ)が低い分、まだオシャレマインド、ファッション感度が高い方でなくても着れる色です。しかし、パンツ以外ですとなかなか抵抗がある方も多い色です。有彩色1色と無彩色1色で合わせるとオシャレですし、緑+無彩色2色で合わせるとより無難になります。

深緑のスタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなし

Small
アップ スタート 深緑 スタジャン(2色以上)
コーディネートのポイント
トップスがスタジャン(=ブルゾン)だけだと多少男らしいところ、フードつきのパーカーが加わっている分、「可愛い」コーディネートになります。スタジャンだけだといかつく見える人、もっと柔らかさ、可愛さを出したい人におすすめです。 パーカーを挟むので、スタジャンのボタンは閉じずに、前は開いて着ましょう。
色については、緑と茶色はアースカラーという相性のいい色の組み合わせで、またネイビーと茶色も鉄板の色の組み合わせです。

深緑のスタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る