紺・ネイビーのチノパン・綿パン(フルレングス, 総柄)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

ダウンベストと柄パンスタイル

Small
タケオキクチ 紺・ネイビー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ダウンベストのインナーにTシャツを合わせ、パンツに柄パンを持ってくるパターン。 ダウンベストもインナーも無地でパンツで少し遊びたい、そんな時のスタイルです。 パンツというコーディネート全体近くの要素に柄がついていると、それだけで全身の印象が「可愛め」になります。どの程度可愛めになるかは柄次第で、大きいドット(水玉)>小さいドット>チェック>ボーダーやストライプ の順番で可愛い順です。靴はハイカットのスニーカーかワークブーツで合わせます。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地カーディガンと無地Tのスリッポンスタイル

Small
タケオキクチ 紺・ネイビー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。今回は靴をスリッポンにすることで、スニーカーで合わせるよりもさらにオシャレな、気取った雰囲気を出します。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地マウンテンパーカーのシャツ合わせスタイル

Small
タケオキクチ 紺・ネイビー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
マウンテンパーカーにシャツを合わせるスタイル。マウンテンパーカーというアウトドア向きのアウターではありますが、インナーにシャツを持ってくることで、靴も短靴等でキレイ目に合わせてしまってOKです。パンツはチノで、トップスが無地ならパンツを柄で遊んでも可愛いくなります。
色については、ネイビーとワインレッドは鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

総柄フルレングスのコーディネート

Small
タケオキクチ 紺・ネイビー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
総柄のフルレングスは見た目とデザインでインパクトがある分、さわやかで落ち着いた印象のリネンシャツ、インナーは無地のTシャツで合わせて、靴は夏らしくサンダルやデッキシューズ、エスパドリーユやスリッポンでまとめるととかっこよくスタイリッシュな着こなしになります。夏なのでフルレングスパンツでも足元は必ずまくりましょう。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツと総柄フルレングスのコーデ

Small
タケオキクチ 紺・ネイビー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
リネンシャツと総柄フルレングスパンツのコーディネートのご紹介です。パンツが総柄な分、インナーは無地でシンプルに合わせていて、靴はローファーやレザー・スウェードのスリッポンで合わせると足元がしまってオシャレな着こなしになります。フルレングスは夏らしくロールアップして足元の肌を露出させましょう。2ロールくらいまくった方が男らしくてさわやかです。
色については、ネイビーとワインレッドはオシャレな色の組み合わせです。白がいい"抜け感"を演出しています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

総柄パンツを使った無骨系おしゃれスタイル

Small
タケオキクチ 紺・ネイビー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツに総柄のチノパン・綿パンを合わせた、男らしさと「かわいい」要素を兼ね備えた欲張りコーディネートです。 総柄のような柄が激しいアイテムは、「かわいい」と言われる属性のアイテムです。総柄のような柄を着こなすコツは、柄同士が喧嘩しないように他のアイテムは無地で揃えるのが鉄則です。今回はさらに、それらの他のアイテムをミリタリーシャツ、胸元の空いたインナー、ゴツいブーツで合わせることで、総柄のかわいい属性に、男らしさも加わったコーディネートになっています。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板のオシャレな色の組み合わせです。この2色以外は無彩色で合わせ、色数を増やさずに抑えていて、シンプルなカラーコーディネートになっています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

総柄パンツの無骨系コーディネート

Small
タケオキクチ 紺・ネイビー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
アメカジアイテムの定番であるウエスタンシャツに、かわいい要素の総柄パンツを合わせた、とてもオシャレなコーディネートです。 総柄のような柄を着こなすには、とにかく他のアイテムの柄の主張が無い(無地)アイテムを合わせるのが鉄則です。そして、今回はこの基本を守って終わるのではなく、ウエスタンシャツ、胸元の開いたインナー、ボリューム感のあるブーツを合わせることで無骨要素を強めたコーディネートにしてみました。
色については、ネイビーパンツと茶色の靴は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

総柄パンツの無骨めに合わせたコーディネート

Small
タケオキクチ 紺・ネイビー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
かわいい(オシャレ)な要素の総柄パンツを男らしく着こなすコーディネートです。 総柄の様な主張の強い柄には、無地を合わせて柄同士の喧嘩を避けるのが基本です。今回はこの基本を守りつつ、男らしい要素を取り込んでみました。具体的には、シャンブレーシャツ、胸元の開いたインナー、重厚感のあるブーツで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はネイビー)を引き立たせる効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

総柄パンツの無骨系シャツ合わせ

Small
タケオキクチ 紺・ネイビー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
シワ加工シャツに総柄のチノパン・綿パンを合わせた、男らしさとかわいい要素を兼ね備えたコーディネートです。 総柄のようなかわいい要素のアイテムを着こなすコツは、とにかく柄を引き立たせることですので、他のアイテムは柄の主張が無いアイテムで合わせます。 また、今回はシワ加工シャツ、胸元の開いたインナー、横幅の大きいブーツで合わせることで、かわいい要素のファッションアイテムである総柄パンツを男臭いアイテムと合わせた、かわいい要素と男らしい要素を併せ持つおしゃれなコーディネートになります。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る