赤のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

アメカジらしさで格好良くまとめたスタイル

Small
エディフィス 赤 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ボア付きのアウタージャケットとデニムシャツはどちらもアメカジテイストの、相性のいい服の組み合わせです。靴はアメカジテイストを引き継ぎワークブーツで合わせます。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

タバコを片手に気だるそうに一息コーデ

Small
エディフィス 赤 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
モッズコートにVネックTシャツとエンジニアブーツを合わせることで、モッズコートが持つ「男らしい系アイテム」という属性と「モード系アイテム」という属性のうちの男らしい方にふれたコーディネートになります。 帽子をかぶることに抵抗がない、オシャレな人は黒のハットをかぶるのもアリです。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートのカジュアルコーデ

Small
エディフィス 赤 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
チェスターコートを羽織りつつ、カジュアルテイストに仕上げたコーディネートです。チェスターコート、短靴、チャッカブーツがもつ品の良さに、セーターやカーディガンがもつ優しい雰囲気が合わさっています。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ピーコートのキレイ目スタイル

Small
エディフィス 赤 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ピーコートのキレイ目によせてインナーにセーターとシャツを持ってきます。靴はきれい目に行くなら短靴やサイドゴアブーツを持ってきて、カジュアルにいくならスニーカーで合わせます。爽やかな好青年ルックで女性から好印象を持たれやすいスタイルです。セーターに鮮やかな色を持ってくると、オシャレ度合いがグッと上がります。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
エディフィス 赤 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ダウンベストとカーディガンやセーターは似合う服の組み合わせです。ダウンベストの表面とカーディガンやセーターの表面は素材感が違うため、メリハリがあり合わせやすい組み合わせです。ダウンベストはそのカジュアルなテイストから、靴はスニーカーと合わせるのが相性抜群です。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストワイルドコーデ

Small
エディフィス 赤 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーの無骨さと可愛さを兼ね備えたコーデ

Small
エディフィス 赤 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
えりがたっていない(かさばらない)ブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。MA-1フライトジャケットは襟が短い上にやわらかくブルゾンなので、インナーにパーカーを差し込む事が出来ます。また、ミリタリーという無骨系アイテムであるMA-1の無骨さを、可愛い系のアイテムであるパーカー中和することでバランスのいいコーディネートになります。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンパーカーコーデ

Small
エディフィス 赤 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
えりがたっていないブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。スタジャンはこの条件を満たしたブルゾンのため、スタジャンの王道コーデであるデニム、スニーカー合わせのコーデにパーカーを差し込みます。スタジャンは少年っぽさがあるアイテムのため、フードつきのパーカーも合わせて、若く元気に見えるスタイルです。元気な雰囲気の人、背が低めの人に合います。逆に「ガリ勉」、「真面目」、「草食系」といった雰囲気の人には似合いません。デニムの代わりにチノパンでも問題ありません。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと可愛さを兼ね備えたスタイル

Small
エディフィス 赤 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
パーカーのようにフードがついていると、それだけで「可愛い」要素が付け加わります。したがってこのようにコーディネートにパーカーを取り入れるのは、可愛く見られたい人には効果的です。このコーディネートのように、無骨系のブルゾンと可愛い系のアイテムであるパーカーを合わせることで、どちらの要素もあわせ持つバランスのいいコーディネートとなります。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのキレイ目スタイル

Small
エディフィス 赤 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る