赤のジャージパンツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ジャージのパンツです。ヨーロッパでジャージスタイルがブームになっていて、いずれ日本にもやってくるかもしれません。もちろん違和感がないのはトップスもジャージで合わせるスタイルですが、ジャージはブルゾン(ジャンパー)なので、意外と他のブルゾンと合わせても着こなすことができます。メンズのジャージパンツを着こなすとラフでカジュアルでありながらおしゃれに見えるかっこいいコーディネートになります。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のジャージパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ウィゴー 赤 ジャージパンツ
コーディネートのポイント
2015〜2016に来ると言われているジャージパンツスタイル。トップスはナイロンのブルゾンで合わせて素材感のバランスをとり、靴はローカットスニーカーでカジュアルに合わせましょう。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

赤のジャージパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る