ベージュのスラックス(無地, ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツのパンツのような折り目が入っているパンツのことです。キレイ目、おしゃれで上品なパンツの代表格です。春夏秋冬通年で着こなしができるおしゃれアイテムで、メンズの間でもよくコーディネートではかれています。メンズファッションのコーディネートでは欠かせないパンツですね。コーデする際は、ノーカラーシャツなどのきれい目な要素があるアイテムと、レザーシューズや短靴と合わせるととてもよく似合い、おしゃれな着こなしになります。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

ノーカラーシャツをアウターとして着る場合

Small
TK ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、ノーカラー(襟無し)とはいえ、その名の通り「シャツ」なので、品がいい、きれい目コーディネートとはもともと相性がいいアイテムです。したがって、暖かい季節に、アウターを着ず、スラックス、短靴と合わせてきれい目コーデとして着る事が出来ます。なお、アイテム自体がモード目のアイテムなので、そういったモード系が少しでも好きな性格でないと、抵抗があると思います。
色についてはベージュ、ブラウン、ホワイトの相性が良いため組み合わせ的にとてもバランスがとれています。この色の組み合わせはアースカラーと呼ばれるも ので、カラーコーディネート的に整った印象になります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無地ポロシャツのベーシックスタイル

Small
TK ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
ポロシャツは長ズボンよりも短パンで合わせるのが、シンプルにカッコいいスタイルです。とりわけ今回は無地のポロシャツですので、長いパンツと合わせると平凡なスタイルになりがちです。ハーフパンツと合わせることでこなれたスタイルになります。また、靴もシーズンの靴をこだわって合わせています。
色についてはチャコールグレーとベージュは相性がいい色の組み合わせです。また、ベージュと茶色はどちらも茶色に近い色同士のため、これらも相性がいい色の組み合わせですので、全体的に相性がいいカラーコーディネートになります。ベージュと茶色が同じ系統色のため、2色以内に抑えているともいえ、大人な色の組み合わせともいえます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ポロシャツには短パン合わせ

Small
TK ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
ポロシャツに合わせるコーディネートでパンツが柄でフルレングスですと、柄の表面積が大きくなってしまいますから、ハーフパンツで合わせるとスッキリします。ポロシャツが無地でなく少しでも柄が入っている場合において、ひとまずパンツも無地にしておけば無難です。靴はスニーカーか、かかとの高さが低い暖かい季節向けのシューズで合わせましょう。
色については、相性が良い色の組み合わせである「ネイビー+ベージュ」だけで統一されたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ジレを使った春夏コーデ

Small
TK ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
Tシャツにハーフパンツやクロップドパンツ、シューズはスリッポンorローファーという春夏のシンプルスタイルに物足りないなと感じたときなど、ジレをTシャツの上に合わせるだけで、ラフな印象を引き締めてお洒落な印象が増します。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄物カーディガンを使った春夏コーデ

Small
TK ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
ストライプやアーガイルなどの柄物カーディガンを着る場合、インナーは無地が鉄則です!品の良いシャツを合わせるのもいいですが、丸首やV、UネックなどTシャツと合わせるとカジュアル感が出ます。その分ボトムスはチノパンやスラックスで品の良さをキープしつつ、季節感を出すためハーフパンツをチョイスするのも一つのコーデパターンです。足元は短パンにあう靴ということで、かかとが低いスリッポンか、カーディガンに合わせて品が良いローファーや短靴をチョイスしましょう!
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スクールジャケットの王道プレッピールック

Small
TK ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
スクールジャケットはプレッピーという系統に属するアイテムです。プレッピーとは、欧米の学生の服がルーツになっていて、「育ちがいい、いいとこのお坊ちゃん」という印象を与えます。このプレッピーアイテムのスクールジャケットに、今回は、同じくプレッピーのハーフスラックスやローファー、短靴と合わせた「ザ・プレッピーコーデ」です。「可愛い服」「オシャレ好き」こういったキーワードが好きな方にはうってつけのスタイルです。系統の問題で、体がごつかったり、男らしい人には似合いません。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

サマーニットとハーフスラックススタイル

Small
TK ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
サマーニットはその名の通り、夏かつ、ニットということで品のいいアイテムです。したがって、夏つながりで短パン、さらにニットの品がいいつながりでスラックスということで、ハーフスラックスとは相性抜群。そして、同じく品が良く、形が夏によくあるデッキシューズ等と同じようにペタンコ靴であるローファーと合わせ、統一感を出します。
色については、明るい青とベージュはどちらも明度(明るさ)と彩度(鮮やかさ)が同じぐらいで相性がよく、また、ベージュのパンツに対して同系統色でより濃い色である茶色を靴に合わせることも、パンツと靴の色の合わせ方のルール上正しいオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

襟なしストライプシャツを使ったコーデ

Small
TK ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、ノーカラー(襟無し)とはいえ、「シャツ」なので、品がいい、きれい目な要素があるアイテムです。したがって、暖かい季節に、アウターを着ず、スラックス、短靴と合わせてきれい目コーデとして着る事が出来ます。なお、アイテム自体がモード目のアイテムなので、そういったモード系が少しでも好きな性格でないと、抵抗があると思います。今回はストライプのものを想定していますが、ストライプは幅が狭いほどきれいめ、広いほど可愛いめな印象を与えると言われています。 
色については、トップスからシューズに、上から下にかけて色の明度(明るさ)が下がっていく(=暗くなっていく)のは、色のおさまりがいい合わせ方です。(実際の世界も、空に近いほど明るく、大地に近いほど暗い色になるからです)

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フェイクシャツのショーツ・短パンスタイル

Small
TK ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
フェイクシャツに短パンを合わせる夏のスタイルです。フェイクシャツも、短パンも若い雰囲気になるアイテムですので、この要素と合わせれば靴はスニーカーに。また、夏らしさ&短パンにより素足が露出することと相性が良い靴とし合わせるならデッキシューズで合わせましょう。
色については、白、ベージュ、明るい青と、薄い色で統一感がある爽やかな色の配色です。

夏のメンズコーディネートをもっと見る