こげ茶のチャッカブーツ(スウェード)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チャッカブーツはひも穴が左右に2つずつでひもが通っている、ハイカットではなくローカット(靴のはき口の高さが低い)ブーツのことです。素材がツルツルのレザーだと、ドレスシューズのようなキレイめなアイテムになります。コーディネートをする上で、年齢だと30才以上の大人の方に似合うアイテムです。ボトムスはブーツに光沢があるものならスーツパンツ、表面がくたっとしていたらGパンと合わせるのが着こなしの鉄則です。あまり女性ではく人も多くないので、チャッカブーツはメンズにおすすめのブーツです。茶色よりも濃い・黒めな色が焦げ茶色です。茶色と同じくネイビー・紺色ととりわけ相性がいい色ですが、濃い分、ネイビーも濃いネイビーと合います。

ひたすらキレイ目スタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume こげ茶 チャッカブーツ
コーディネートのポイント
ジャケット+シャツ+スラックス(カーゴスラックス)+キレイ目シューズとキレイ目オンパレードのとても品が良く見えるコーディネートです。気取りたい場合はハットやニットのネクタイをしてもオシャレです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ハンティングジャケットを使ったコーディネート

Small
JOURNAL STANDARD relume こげ茶 チャッカブーツ
コーディネートのポイント
ハンティングジャケットはもともと狩猟用に使われていたと言われ、アメカジアイテムの一つです。普段着・街着としてコーディネートに馴染ませる場合、インナーは無地のシャツで品の良さをプラスすることが鉄則です!ボトムスはノーマルなデニム。ハンティングジャケットがボリュームのあるアウターなので、スキニーなどの細身を合わせるとなおバランスが良いです!シューズはブーツをチョイスしてアウトドアな印象に合わせましょう。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストとシャツのカジュアルスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume こげ茶 チャッカブーツ
コーディネートのポイント
ダウンベストはいつものコーディネートの上から羽織るだけで簡単にオシャレになれるアイテム。ノースリーブな分やぼったくならないのも人気の秘密です。シャツ+カジュアルパンツ+スニーカーやブーツといったシャツルックのコーディネートに、上からダウンベストを重ねるだけで簡単に肌寒い日のオシャレさんになります。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

秋に大人っぽく見せたい人用のスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume こげ茶 チャッカブーツ
コーディネートのポイント
大人っぽく見られる秋らしいスタイルのご提案です。 ダウンベスト+シャツに、素材感が秋冬らしさを感じさせるコーデュロイパンツやウールのパンツ。足下はカジュアルにブーツと合わせるか、きれい目に短靴と合わせます。コーデュロイやウールは大人っぽく見える効果があります。また、コーデュロイのでこぼこのうねが細い程、より大人っぽく見える効果があります。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツジャケットの無骨目スタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume こげ茶 チャッカブーツ
コーディネートのポイント
ペイズリー柄や、総柄のシャツをキレイ目&多少ワイルドに着こなすコーディネートです。柄on柄はNGなので、アウターとしてジャケットを着る際は無地のジャケットを合わせます。パンツはデニム。靴は、男らしくしたい場合はワイルドにワークブーツを、キレイ目にしたい場合はチャッカブーツで合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

可愛い柄シャツのジャケットスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume こげ茶 チャッカブーツ
コーディネートのポイント
チェックやドットのシャツをキレイ目に着こなすコーディネートです。柄on柄はNGなので、アウターとしてジャケットを着る際は無地のジャケットを合わせ、パンツは同じく無地のチノパン・綿パンやデニムと合わせます。靴は、シャツが可愛い分、男らしくワークブーツと合わせることでバランスをとるか、ジャケットに合わせてチャッカブーツでキレイ目にすることもできます。お好みの方をお選び下さい。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

Gジャンコーデュロイパンツのキレイ目スタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume こげ茶 チャッカブーツ
コーディネートのポイント
コーデュロイパンツはコーディネートがもこっとした素材感のため、どちらかというと、同じ様なごわっとした素材感のものよりは、固い素材感であるトップスと合わせるのが肝です。その中で、デニムブルゾン(Gジャン)は、コーデュロイパンツと同じく秋にも着るアイテムですから、2つの意味でマッチします。インナーのシャツや短靴と合わせて、デニムブルゾンを着つつもキレイ目な印象を与えるスタイルです。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーニットのシンプルモテスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume こげ茶 チャッカブーツ
コーディネートのポイント
ショールカラーカーディガンは女性ウケが抜群のアイテム。「ショールカラー」の品の良さと「ニット」の優しい雰囲気を両方持つためです。そんなショールカラーカーディガンは、シャツと合わせることもできますが、抜群にカッコいいのはインナーに胸元の空いた無地Tシャツを合わせるスタイルです。肌寒ければマフラーを巻いてもOK。パンツにチノパンを合わせる場合は、スニーカーやブーツと合わせましょう。より男らしく見られたい方はブーツを、特にそういった雰囲気を出したくない方はスニーカーで合わせましょう。
色については、アースカラーと呼ばれる自然の色(木々の緑や土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

カウチンニットキレイ目スタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume こげ茶 チャッカブーツ
コーディネートのポイント
カウチンニットにシャツをインして、パンツと靴もキレイ目に合わせるパターンです。品の良い、穏やかな人に似合う(あるいは、そう見られる)秋冬のコーディネートになります。表面がスウェードの靴はコーディネートに知的さとオシャレさをプラスします。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デッキジャケットのオシャレスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume こげ茶 チャッカブーツ
コーディネートのポイント
デッキジャケットは男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、パンツはデニム、靴はブーツと男らしいアイテムで合わせました。(デニムはチノでも問題ありません)ただ、それだけだと男臭さが強いので、優しい雰囲気を出すセーターやカーディガンや、品がいい印象を与えるベストを中にインするのも効果的です。靴はチャッカブーツだと多少キレイ目になり、ワークブーツだと男らしくなります。
色については、暖色の赤と寒色のネイビーはオシャレな色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る