カーキのハイカットスニーカーのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ハイカットスニーカーは、スニーカーのうち、靴のはき口の高さが高く、ブーツのような高さのスニーカーのことで、メンズの中で人気のアイテムです。おしゃれな着こなし方としてはインナーにTシャツやタンクトップを合わせて、ボトムスは七分丈パンツで少しカジュアルにするとバランスがいいおしゃれなコーディネートになります。メンズファッションの中では欠かせないアイテムです。カーキ色はミリタリーでよく見られる色のため、本来ミリタリーのアイテムでないアイテムでもミリタリーテイストになります。

スウェットパンツでカジュアルダウン

Small
コンバース カーキ ハイカットスニーカー
コーディネートのポイント
スウェットパンツは、テーラードジャケットに合わせる事で、「気を使っているが、気合いを入れすぎていないオシャレ」を演出できます。目上の人がいない合コン等に最適です。(大人しめ、控えめな方は丸首TシャツでOKです)
色ですが、うぐいす色は中途半端な色のため、黒などのハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
コンバース カーキ ハイカットスニーカー
コーディネートのポイント
ダウンベストとカーディガンやセーターは似合う服の組み合わせです。ダウンベストの表面とカーディガンやセーターの表面は素材感が違うため、メリハリがあり合わせやすい組み合わせです。ダウンベストはそのカジュアルなテイストから、靴はスニーカーと合わせるのが相性抜群です。
色ですが、うぐいす色は中途半端な色のため、黒などのハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンパーカーコーデ

Small
コンバース カーキ ハイカットスニーカー
コーディネートのポイント
えりがたっていないブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。スタジャンはこの条件を満たしたブルゾンのため、スタジャンの王道コーデであるデニム、スニーカー合わせのコーデにパーカーを差し込みます。スタジャンは少年っぽさがあるアイテムのため、フードつきのパーカーも合わせて、若く元気に見えるスタイルです。元気な雰囲気の人、背が低めの人に合います。逆に「ガリ勉」、「真面目」、「草食系」といった雰囲気の人には似合いません。デニムの代わりにチノパンでも問題ありません。
色の合わせ方については、無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)と有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

コートのカジュアルスタイル

Small
コンバース カーキ ハイカットスニーカー
コーディネートのポイント
コートをカジュアルに着こなす場合のスタイルです。インナーにニットを挟むと優しい雰囲気になるのでカーディガンを、そしてカーディガンはV字の谷を作るのでその下はUネックで合わせるのが「わかっている人」のTシャツの合わせ方です。パンツはデニム、靴はスニーカーやブーツでカジュアルに合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。黄色とカーキを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

短パン嫌いな人のポロシャツスタイル

Small
コンバース カーキ ハイカットスニーカー
コーディネートのポイント
正直、ポロシャツには短パンを合わせるのが1番カッコいいコーディネートですが、短パンは抵抗があるという方にオススメするコーディネートです。デニムやチノでカジュアルに合わせ、靴はスニーカーや短靴・レザーシューズが定番です。オシャレというよりは無難なコーディネートですので、腕周りにアクセサリーを付けてオシャレな雰囲気に仕上げましょう。
トップスとシューズにカーキをもってきて、間にブラックをはさむことで統一感のあるカラーコーディネートになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄のポロシャツの短パン以外のスタイル

Small
コンバース カーキ ハイカットスニーカー
コーディネートのポイント
ポロシャツには短パンが相性がいいパンツですが、短パンには抵抗がある方向けのスタイル説明です。今回はポロシャツが柄がある場合ですが、この場合上下柄にならないように、パンツは無地で合わせます。靴はスニーカーでカジュアルに合わせましょう。
トップスとシューズにカーキをもってきて、間にブラックをはさむことで統一感のあるカラーコーディネートになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターの柄インナー&スニーカー合わせ

Small
コンバース カーキ ハイカットスニーカー
コーディネートのポイント
チェスターコートを、柄のインナーにデニム+スニーカーとカジュアルに合わせたスタイルです。 オシャレ好きな人に見えるコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。黄色とカーキを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾンのインナーダウン合わせ

Small
コンバース カーキ ハイカットスニーカー
コーディネートのポイント
アウターがレザーブルゾン1枚だと寒いが、かといってごわつくアウターは着たくない。そんな時は中にインナーダウンを着ることで、外から見てシルエットは保ちつつも暖かいコーディネートになります。レザーを着る無骨なスタイルに合わせ、パンツはデニム、靴はスニーカーで合わせて無骨さとカジュアルさを合わせ持ったコーディネートです。
色の合わせ方については、無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)と有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

MA-1にインナーダウンのこなれスタイル

Small
コンバース カーキ ハイカットスニーカー
コーディネートのポイント
インナーダウンはえりが無いため、中にはえりがあるシャツを合わせるのは相性がいいコーディネートです。また、さらに上に着込むにあたり、形がシンプルなMA-1は合わせやすいアイテムです。パンツは綿パン、靴はスニーカーと合わせるれば、こなれたオシャレな冬のコーディネートの完成です。
色ですが、うぐいす色は中途半端な色のため、白や黒といったハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

フード付Tシャツのフルレングスパンツスタイル

Small
コンバース カーキ ハイカットスニーカー
コーディネートのポイント
正直、短パン・クロップドパンツで合わせた方がいいスタイルではありますが、短いパンツは嫌だという方用のフルレングスパンツ+フードTシャツのスタイルはこちら。フード付きTシャツに、フルレングスパンツ、靴はフード付きTシャツのカジュアルさと合わせたスニーカーで合わせます。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る