ワインレッドの短靴・レザーシューズのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

短靴・レザーシューズはぱっと見た感じはビジネスシューズの革靴に似ていますが、ソール(底)にゴムがついていたり、つま先が丸まっていたりする、ビジネスシューズのカジュアルダウンしたものだとお考え下さい。ストレートチップ、ウイングチップと呼ばれるつま先の模様がついているとよりキレイめになり「ドレスシューズ」と呼ばれることもあります。夏のメンズファッションでカジュアルではなく上品でおしゃれに着こなしたい場合にはおすすめの夏靴です。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドの短靴・レザーシューズのメンズコーディネート・着こなし

Small
PADRONE ワインレッド 短靴・レザーシューズ
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、ノーカラー(襟無し)とはいえ、その名の通り「シャツ」なので、品がいい、きれい目コーディネートとはもともと相性がいいアイテムです。したがって、暖かい季節に、アウターを着ず、スラックス、短靴と合わせてきれい目コーデとして着る事が出来ます。なお、アイテム自体がモード目のアイテムなので、そういったモード系が少しでも好きな性格でないと、抵抗があると思います。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)は鉄板の色の組み合わせです。

ワインレッドの短靴・レザーシューズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る