こげ茶のサイドゴアブーツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

サイドゴアブーツは、ひもが無く、足の両くるぶしの周辺にゴムの生地がついていて、足にぴったり密着する、綺麗目のブーツです。ブーツと言われてイメージするブーツとは、1番かけ離れた外見をしています。ジャケット等のキレイ目に着る時に似合うアイテムです。ブランドではドクターマーチンが有名です。メンズのファッションで重宝するブーツのサイドゴアですが、コーデは上品なスタイルでまとまるように無地のジャケットと、無地のチノパン・綿パンを着こなすといいでしょう。春先や秋冬にはきたいおすすめのコーデです。茶色よりも濃い・黒めな色が焦げ茶色です。茶色と同じくネイビー・紺色ととりわけ相性がいい色ですが、濃い分、ネイビーも濃いネイビーと合います。

トレンチコートちょいラフコーデ

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 サイドゴアブーツ
コーディネートのポイント
シングルのトレンチコートはえりが高いコートのため、インナーにUネックカットソーを合わせると、コートのえりの高さに対して、カットソーの胸元の深いところまで、首・胸元まわりの肌の露出が広く見えて、格好よく見えます。なお、シングルの場合は春、ダブルのトレンチコートの場合は秋に着るのが一番季節感とはあっています。今回はインナーにTシャツを合わせ、細身のパンツにキレイ目な靴を合わせるという少しラフなとりわけ春先に合うトレンチコートスタイルです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

秋冬のハイネックスタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 サイドゴアブーツ
コーディネートのポイント
ハイネックにはアウターはジャケットやコートが似合います。また、ハイネックはとても品がいいアイテムですから、パンツは綿パンやスラックス、靴は短靴やサイドゴアブーツとキレイ目に合わせるのが統一感のあるコーディネートです。ともかく「品がいい、上品な人」に見えるスタイルです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ひたすらキレイ目スタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 サイドゴアブーツ
コーディネートのポイント
ジャケット+シャツ+スラックス(カーゴスラックス)+キレイ目シューズとキレイ目オンパレードのとても品が良く見えるコーディネートです。気取りたい場合はハットやニットのネクタイをしてもオシャレです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ハンティングジャケットを使ったコーディネート

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 サイドゴアブーツ
コーディネートのポイント
ハンティングジャケットはもともと狩猟用に使われていたと言われ、アメカジアイテムの一つです。普段着・街着としてコーディネートに馴染ませる場合、インナーは無地のシャツで品の良さをプラスすることが鉄則です!ボトムスはノーマルなデニム。ハンティングジャケットがボリュームのあるアウターなので、スキニーなどの細身を合わせるとなおバランスが良いです!シューズはブーツをチョイスしてアウトドアな印象に合わせましょう。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

キレイ目寄りジャケットTシャツスタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 サイドゴアブーツ
コーディネートのポイント
無地のジャケットにプリントTを合わせる基本のカジュアルコーディネートです。パンツはデニムまたはチノパン・綿パンと、靴は短靴かサイドゴアブーツでキレイ目に合わせます。丸首プリントTは、年齢でいえば40歳以上、あるいは控えめな性格の方はとりわけ似合います。ジャケットと短靴(サイドゴアブーツ)でキレイ目に合わせつつ、インナーをプリントTで崩すスタイルで、カジュアルさとキレイ目さがミックスされています。IT系の多少ラフな私服が許される会社等でちょうどいいぐらいのコーディネートです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

オーソドックスなジャケットモテスタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 サイドゴアブーツ
コーディネートのポイント
ジャケットにプリントTを合わせるキレイ目カジュアルなスタイルです。プリント柄で個性が出ます。靴はジャケットに合わせてキレイ目な短靴やサイドゴアブーツで合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

可愛い柄シャツのキレイ目スタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 サイドゴアブーツ
コーディネートのポイント
柄on柄はNGなので、アウターとしてジャケットを着る際は無地のジャケットを合わせ、パンツは同じく無地のチノパン・綿パンと合わせます。ジャケット+シャツの品の良さをいかして、靴もキレイ目に、短靴やローファー、キレイ目のブーツでまとめます。チェックやドットのシャツをキレイ目に着こなすコーディネートです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツジャケットのキレイ目スタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 サイドゴアブーツ
コーディネートのポイント
ペイズリー柄や、総柄のシャツをキレイ目に着こなすコーディネートです。柄on柄NGなので、アウターとしてジャケットを着る際は無地のジャケットを合わせます。パンツは同じく無地のチノパン・綿パンと合わせ、靴は今回はジャケット+シャツに合わせて短靴、サイドゴアブーツ、チャッカブーツ、ローファーといったキレイ目な靴で合わせます。
色については、全体的にくすんだ色で統一された統一感があるオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ピーコートのキレイ目スタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 サイドゴアブーツ
コーディネートのポイント
ピーコートのキレイ目によせてインナーにセーターとシャツを持ってきます。靴はきれい目に行くなら短靴やサイドゴアブーツを持ってきて、カジュアルにいくならスニーカーで合わせます。爽やかな好青年ルックで女性から好印象を持たれやすいスタイルです。セーターに鮮やかな色を持ってくると、オシャレ度合いがグッと上がります。
色については、インナー〜パンツにかけて薄い色が続きますが、アウターと靴の両端で濃い、暗めの色で締めるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのキレイ目スタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 サイドゴアブーツ
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
色については、インナー〜パンツにかけて薄い色が続きますが、アウターと靴の両端で濃い、暗めの色で締めるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る