カーキのワークブーツ(スウェード)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ワークブーツは紐で締め上げていく、レースアップブーツのことです。一般的に「ブーツ」と言った時にイメージされやすいシルエットをしています。はきぐちの高さはまちまちで、高いものも低めでもここのカテゴリーに入る可能性があります。メンズのブーツのブランドではティンバーランドのワークブーツが人気です。ワークブーツは年齢を上に見せる効果があり、悪っぽい感じと男臭さをより引き立たせることができます。着こなすときに、山本KIDさんや高橋克典さんのような無骨でワイルドな人にとくによく似合います。カーキ色はミリタリーでよく見られる色のため、本来ミリタリーのアイテムでないアイテムでもミリタリーテイストになります。

スウェットパンツでカジュアルダウン

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
スウェットパンツは、テーラードジャケットに合わせる事で、「気を使っているが、気合いを入れすぎていないオシャレ」を演出できます。目上の人がいない合コン等に最適です。(大人しめ、控えめな方は丸首TシャツでOKです)
色ですが、うぐいす色は中途半端な色のため、白や黒といったハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
ダウンベストとショールカラーカーディガンは似合う服のコーディネートです。また、ショールカラーカーディガンのニット特有の優しさを演出する事も出来ます。パンツはデニムやチノで合わせてもOKですし、コーデュロイパンツで合わせると季節感が出ます。
色ですが、うぐいす色は中途半端な色のため、白や黒といったハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デッキジャケットのキレイ目スタイル

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
デッキジャケットとベストとシャツは似合う服の組み合わせです。 パンツは、インナーのシャツ+ベストのキレイ目の雰囲気を生かし、ウールパンツを合わせ、 靴はデッキジャケットのミリタリー要素を生かし無骨めのブーツで合わせます。 全体的には、デッキジャケットを使用しつつきれいめなコーディネートに仕上がっています。
色の合わせ方については、カーキを目立たせるために、他の色を無彩色にします。また、白のパンツは「自分に自信がある男」に見え、堂々として見えます。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのキレイ目スタイル

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
色の合わせ方については、カーキを目立たせるために、他の色を無彩色にします。また、白のパンツは「自分に自信がある男」に見え、堂々として見えます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾン+カーディガンスタイル

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
レザーブルゾンにカーディガンを合わせるスタイルです。カーディガンは閉じると胸の前にVの字を作るので、カーディガンの中に着るTシャツ(カットソー)はUネックにするのが1番似合います。 セーターと同じように、レザーブルゾンの無骨さをやわらげる効果があります。今回のスタイルではパンツとカーゴ、靴はレザーブルゾンとカーゴパンツに合わせてブーツで無骨目にまとめています。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。黄色とカーキを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾン+カーディガンスタイル

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
カーディガンは閉じると胸の前にVの字を作るので、カーディガンの中に着るTシャツ(カットソー)はUネックにするのが1番似合います。 セーターと同じように、レザーブルゾンの無骨さをやわらげる効果があります。今回のスタイルではパンツと靴はオーソドックスにデニム、チノとスニーカーやブーツで合わせます。男らしくしたい方はブーツ、そうでない方はスニーカーと合わせましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。黄色とカーキを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと品の良さを兼ね備えた無敵スタイル

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
ジャケット+ニット+シャツという王道のキレイ目スタイルをパンツのデニムやチノパンといったカジュアルなパンツで崩し、靴も男らしい要素を持つブーツで合わせることでキレイさと男らしさを合わせ持つスタイルです。女性ウケが高い要素がありながら、どの年代でも着こなすことができるスタイルです。アウターかニットと近い色のネクタイを合わせると、よりオシャレに気を使っている人に見えます。
色ですが、うぐいす色は中途半端な色のため、黒などのハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストワイルドコーデ

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色の合わせ方については、無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)と有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デッキジャケットのオシャレスタイル

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
デッキジャケットは男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、パンツはデニム、靴はブーツと男らしいアイテムで合わせました。(デニムはチノでも問題ありません)ただ、それだけだと男臭さが強いので、優しい雰囲気を出すセーターやカーディガンや、品がいい印象を与えるベストを中にインするのも効果的です。靴はチャッカブーツだと多少キレイ目になり、ワークブーツだと男らしくなります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。黄色とカーキを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと可愛さを兼ね備えたスタイル

Small
ツイン カーキ ワークブーツ
コーディネートのポイント
パーカーのようにフードがついていると、それだけで「可愛い」要素が付け加わります。したがってこのようにコーディネートにパーカーを取り入れるのは、可愛く見られたい人には効果的です。このコーディネートのように、無骨系のブルゾンと可愛い系のアイテムであるパーカーを合わせることで、どちらの要素もあわせ持つバランスのいいコーディネートとなります。
色の合わせ方については、カーキを目立たせるために、他の色を無彩色にします。また、白のパンツは「自分に自信がある男」に見え、堂々として見えます。

冬のメンズコーディネートをもっと見る