黒・ブラックのカーディガン(アーガイル)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ニットにかかわらず、前ボタンで開くカーディガン。ここ最近は、半袖や七分袖のカーディガンも出てきました。カーディガンなどのニット系アイテムは、優しい、上品な雰囲気をつくるアイテムですので、一般的にはおとなしめの印象のメンズや、草食系なイメージの人に似合うとされています。反対にアメカジ系などの男らしい・無骨でワイルドスタイルを好む方は、シャツなどと合わせた上品なコーディネートにしてしまうと、イメージと違って似合わなくなるケースに陥ってしまうので注意しましょう。 黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

柄カーディガン+シャツのスタイル

Small
コーエン 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
柄のカーディガンには、無地のシャツを合わせます。このカーディガンがメインになるように、パンツと靴はシンプルにデニムやチノにスニーカー、短靴、ブーツ等を合わせましょう。ブーツだと少し男らしく、短靴は品良く、スニーカーだとカジュアル・ラフな印象を与えます。
色については、黒と白とベージュの3色は鉄板のオシャレな色の組み合わせ方です。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄物カーディガンを使った春夏コーデ

Small
コーエン 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
アーガイルやストライプなどの柄ものカーディガンを着こなしたい場合、インナーは無地が鉄則です!ボトムスはデニム、もしくはチノなどをノーマルに合わせカーディガンを引き立てます。夏なのでハーフパンツやクロップドで抜け感を!フルレングスの場合はロールアップしましょう。
色については、モノトーン+茶色のシンプルで無難なカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄物カーディガンを使った春夏コーデ

Small
コーエン 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
ストライプやアーガイルなどの柄物カーディガンを着る場合、インナーは無地が鉄則です!品の良いシャツを合わせるのもいいですが、丸首やV、UネックなどTシャツと合わせるとカジュアル感が出ます。その分ボトムスはチノパンやスラックスで品の良さをキープしつつ、季節感を出すためハーフパンツをチョイスするのも一つのコーデパターンです。足元は短パンにあう靴ということで、かかとが低いスリッポンか、カーディガンに合わせて品が良いローファーや短靴をチョイスしましょう!
色については、モノトーン+茶色のシンプルで無難なカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄カーディガンとシャツでも男らしく

Small
コーエン 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
アーガイルのカーディガンは、アーガイル柄が「可愛い」要素が強いアイテムです。この「可愛い」要素を生かしてコーディネートする場合のスタイルです。まず、カーディガン+シャツは鉄板のキレイ目スタイルですので、インナーにはカーディガンの柄をふまえて無地のシャツを。パンツはチノ、靴はスニーカーで合わせましょう。アイテム内に無骨な要素がないため、カーディガンのアーガイルの可愛い要素が目立つスタイルです。「無骨、男らしい」といったキーワードを好まない方、「柄モノ等可愛い目」ファッションが好きな方用のスタイルです。
色については、ブルーグリーンとワインレッドは相性がいいオシャレな色の組み合わせです。カラーシャツに明るい靴を、アウターとパンツのブラックで締めたカラーコーディネートです。「オシャレさん」に見えます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のドンキーコートのニット合わせスタイル

Small
コーエン 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
ドンキーコートは「可愛い」(少年っぽい)く見える効果があるアイテムのため、同じく可愛い属性のアイテムであるスニーカーと相性がいいアウターです。カジュアルに、ジーンズやチノパン、カットソーと合わせます。中にセーターやカーディガンを着ることで、暖かさを調整しつつ、コーディネートの色あいを豊かにできます。
エンジ(ワインレッド)のパンツを目立たせるために、他の色をモノトーンで合わせたオシャレなコーディネートです。5アイテム使用しておきながら全身を純粋に3色以内で合わせていることもオシャレなポイントが高いです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

M65のキレイ目スタイル

Small
コーエン 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
M65はミリタリーアウターの中でもゴツ目で、その分男らしいアイテムです。服の上下に2個ずつポケットがあるものが一般的です。この無骨さに対して、他をキレイ目な服で合わせることで、男臭さを消したキレイ目+無骨なスタイルが出来上がります。インナーにニットを入れることで優しい雰囲気を出すこともできます(この場合、無骨度と優しい雰囲気の度合いは7:3ぐらいです。)
エンジ(ワインレッド)のパンツを目立たせるために、他の色をモノトーンで合わせたオシャレなコーディネートです。5アイテム使用しておきながら全身を純粋に3色以内で合わせていることもオシャレなポイントが高いです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートのカジュアルコーデ

Small
コーエン 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
チェスターコートを羽織りつつ、カジュアルテイストに仕上げたコーディネートです。チェスターコート、短靴、チャッカブーツがもつ品の良さに、セーターやカーディガンがもつ優しい雰囲気が合わさっています。
色については、パンツの緑だけが有彩色で他をモノトーンで合わせたのオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットパンツでカジュアルダウン

Small
コーエン 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
スウェットパンツは、テーラードジャケットに合わせる事で、「気を使っているが、気合いを入れすぎていないオシャレ」を演出できます。目上の人がいない合コン等に最適です。(大人しめ、控えめな方は丸首TシャツでOKです)
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

ノーカラーシャツのシンプルな着こなし

Small
コーエン 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンの柔らかい、優しい雰囲気に、ノーカラーシャツのオシャレへのこだわりをミックスされた「優しくてオシャレ」な雰囲気を、パンツもオーソドックスなデニムやチノパンで合わせ、靴はキレイめにレザーシューズやデザートブーツで合わせたスタイル。強面に見られる方が柔らかく見せたいときにはうってつけです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。明るい青を引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツにカーディガン

Small
コーエン 黒・ブラック カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンにジョガーパンツを合わせるスタイル。カーディガンのVゾーンに対してインナーは丸首(クルーネック)TシャツかUネックTシャツ、靴は鉄板のスニーカーで合わせます。全体的に優しく見えるコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回は緑)を引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る