深緑のスウェットパーカー(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

無地の長そでスウェットパーカーです。春や秋冬にオススメの長そでのスウェットパーカーですが、外見上重ね着をしない場合、とてもシンプル(無地だと特に)なコーディネートになります。顔が濃い方であればシンプルでも顔が映えて、おしゃれに着こなすことができますが、薄い人は重ね着をオススメします。 具体的には上からダウンベストを羽織ったり、MA-1など男らしいアイテムを上から着ることで、スウェットパーカーの持つかわいい要素と無骨要素を併せ持つコーディネートにすることができます。緑・グリーンは赤や黄色に比べると明度(色の明るさ)や彩度(色の鮮やかさ)が低い分、まだオシャレマインド、ファッション感度が高い方でなくても着れる色です。しかし、パンツ以外ですとなかなか抵抗がある方も多い色です。有彩色1色と無彩色1色で合わせるとオシャレですし、緑+無彩色2色で合わせるとより無難になります。

ミリタリーの無骨さと可愛さを兼ね備えたコーデ

Small
V::room 深緑 スウェットパーカー
コーディネートのポイント
えりがたっていない(かさばらない)ブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。MA-1フライトジャケットは襟が短い上にやわらかくブルゾンなので、インナーにパーカーを差し込む事が出来ます。また、ミリタリーという無骨系アイテムであるMA-1の無骨さを、可愛い系のアイテムであるパーカー中和することでバランスのいいコーディネートになります。
色については、黒白のモノトーン色に、アースカラー(自然の色である緑や茶色)を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストのパーカー合わせ

Small
V::room 深緑 スウェットパーカー
コーディネートのポイント
ダウンベストにパーカーを合わせるスタイルです。ジップアップパーカー(前で開くパーカー)でも、スウェットパーカー(前で開かないパーカー)でも構いません。ダウンベストとパーカーというトップスの組み合わせに対しては、パンツはデニムやチノパン・綿パン、あるいはカーゴパンツとカジュアルに合わせ、靴もスニーカーと、全てカジュアルに合わせるのが1番合います。パーカー+ダウンベストはかっこいいのに、実際にやっている人をあまり見かけないので、この合わせ方をしていると、「オシャレな、アウトドア好きな人」に見えます。
色については、黒白のモノトーン色に、アースカラー(自然の色である緑や茶色)を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンチノパンパーカー差し込み

Small
V::room 深緑 スウェットパーカー
コーディネートのポイント
トップスがスタジャン(=ブルゾン)だけだと多少男らしいところ、フードつきのパーカーが加わっている分、「可愛い」コーディネートになります。スタジャンだけだといかつく見える人、もっと柔らかさ、可愛さを出したい人におすすめです。 パーカーを挟むので、スタジャンのボタンは閉じずに、前は開いて着ましょう。
色については、無彩色であるブラック、グレーに、1色だけ有彩色であるグリーンを合わせたオシャレな色の合わせ方です。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットパーカーのオーソドックススタイル

Small
V::room 深緑 スウェットパーカー
コーディネートのポイント
チャックがついていない、「トレーナー(スウェット)にフードがついた形のパーカー」をアウターとして着用する場合のスタイルです。パーカー自体がフードによる「可愛い」属性のアイテムのため、同じく「可愛い」属性のアイテムであるスニーカーは相性がいい靴です。また、パンツはカジュアルにデニムを履くのが自然なコーディネートです。外見上、上半身がレイヤード(重ね着)にならずシンプルになるので、基本的に、顔が濃いめの人の方が似合うスタイルです。
色については深緑と黒の相性が良いため組み合わせ的にとてもバランスがとれています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートを崩したカジュアルスタイル

Small
V::room 深緑 スウェットパーカー
コーディネートのポイント
チェスターコートというキレイ目コートの代表各であるコートの中に、プルオーバー型のパーカーを合わせることで一気にカジュアルな雰囲気をプラスするコーディネートです。パンツもカジュアルにチノパンかデニムで合わせ、シューズもパーカーと相性がいいローカットスニーカーで合わせます。このように、要素としてはキレイ目な要素はチェスターコートだけで、そのほかは全てシンプルでカジュアルな装いですが、このキレイ目要素の表面積が大きい分、キレイ目さとカジュアルさがいい具合にバランスを取っているお洒落コーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回は緑)を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る