赤のスウェットパーカー(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

長そでのスウェットパーカーはシンプルなコーディネートになりやすく、顔が濃い人にとっては顔映えするアイテムになりますが、そうでない場合は全体的にあっさりしすぎてパッとしないコーディネートになってしまいます。 シンプルすぎる状態を避けるためには長そでのスウェットパーカーの上から、ダウンベストやMA-1などを上から着ると良いでしょう。これさえ注意しておけばパンツや靴は比較的合わせやすく、デニムとスニーカーでカジュアルな雰囲気を出しても良いですし、靴をワークブーツなどの男らしいアイテムにすることで、スウェットパーカーの持つかわいらしさと合わせて2つの要素を持つコーディネートにすることができます。 赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

スウェットパーカーのオーソドックススタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S 赤 スウェットパーカー
コーディネートのポイント
チャックがついていない、「トレーナー(スウェット)にフードがついた形のパーカー」をアウターとして着用する場合のスタイルです。パーカー自体がフードによる「可愛い」属性のアイテムのため、同じく「可愛い」属性のアイテムであるスニーカーは相性がいい靴です。また、パンツはカジュアルにデニムを履くのが自然なコーディネートです。外見上、上半身がレイヤード(重ね着)にならずシンプルになるので、基本的に、顔が濃いめの人の方が似合うスタイルです。
色については赤と青が相性の良い組み合わせになります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートを崩したカジュアルスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S 赤 スウェットパーカー
コーディネートのポイント
チェスターコートというキレイ目コートの代表各であるコートの中に、プルオーバー型のパーカーを合わせることで一気にカジュアルな雰囲気をプラスするコーディネートです。パンツもカジュアルにチノパンかデニムで合わせ、シューズもパーカーと相性がいいローカットスニーカーで合わせます。このように、要素としてはキレイ目な要素はチェスターコートだけで、そのほかは全てシンプルでカジュアルな装いですが、このキレイ目要素の表面積が大きい分、キレイ目さとカジュアルさがいい具合にバランスを取っているお洒落コーディネートです。
色については、暖色の赤と寒色のネイビーはオシャレな色の組み合わせですし、また、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る