ビビッドピンクのポロシャツ(半そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ポロシャツは襟がついていて上品な着こなしができるメンズアイテムです。メンズの着こなしにおいて、ポロシャツは合わせ方次第で、カジュアルにもフォーマルにも着こなしが出来る万能アイテムですので、色々なパンツや靴とコーディネートしましょう。40代を越えてくると上にアウターを羽織っても似合う雰囲気になります。ポロシャツのブランドとして有名なのはラルフローレンです。少し値段も張りますが、コーディネートの際には高級感も増して大人っぽくおしゃれな着こなしができます。メンズで鮮やかなビビッドピンクを使う人は「ファッション大好き」に見える効果があります。 理由としては、 1:色が男性よりも女性が好む色であること。 2:明るさも鮮やかさも高い色のため、一般的な日本人男性のマインドでは「目立つ・派手」と思い、使用することに抵抗がある色です。 このため、この色を使おうとする方は、その心理的抵抗を乗り越えてでも使いたいと思う、あるいはそこに心理的に抵抗を感じない方となり、こういった方はどんな色でも着ることができる方ですから、はたから見るとオシャレ・ファッションが好きな方に見えます。青やネイビーや紫、チャコールグレーと合わせるとオシャレです。

無地ポロシャツのベーシックスタイル

Small
BARNEYS NEW YORK ビビッドピンク ポロシャツ
コーディネートのポイント
ポロシャツは長ズボンよりも短パンで合わせるのが、シンプルにカッコいいスタイルです。とりわけ今回は無地のポロシャツですので、長いパンツと合わせると平凡なスタイルになりがちです。ハーフパンツと合わせることでこなれたスタイルになります。また、靴もシーズンの靴をこだわって合わせています。
ビビッドピンクが強烈なため、他の色は主張しない色で合わせてこのアウターを目立たせるのがいいでしょう。というわけで上下のトップスとシューズはモノトーンで合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

短パン嫌いな人のポロシャツスタイル

Small
BARNEYS NEW YORK ビビッドピンク ポロシャツ
コーディネートのポイント
正直、ポロシャツには短パンを合わせるのが1番カッコいいコーディネートですが、短パンは抵抗があるという方にオススメするコーディネートです。デニムやチノでカジュアルに合わせ、靴はスニーカーや短靴・レザーシューズが定番です。オシャレというよりは無難なコーディネートですので、腕周りにアクセサリーを付けてオシャレな雰囲気に仕上げましょう。
ビビッドピンクが強烈なため、他の色は主張しない色で合わせてこのアウターを目立たせるのがいいでしょう。というわけで上下のトップスとシューズはモノトーンで合わせます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無地ポロシャツの短パン合わせ

Small
BARNEYS NEW YORK ビビッドピンク ポロシャツ
コーディネートのポイント
無地のポロシャツに柄のパンツを合わせる、ちょっと可愛いコーディネートです。無地ポロシャツが一般的なよく見かけるアイテムである分、パンツも無地のフルレングスパンツで合わせると平凡な雰囲気になってしまいますので、パンツは柄モノにしたうえで、ポロシャツとの相性を考えてハーフ丈のパンツで合わせます。
色については、ピンクと青は暖色と寒色の色合わせのため相性がいい色の組み合わせであり、また、ピンクとパンツのグレーも相性がいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

夏の大人キレイめスタイル

Small
BARNEYS NEW YORK ビビッドピンク ポロシャツ
コーディネートのポイント
半袖ポロシャツ+スラックス+足元はレザーかスウェードのスリッポンorローファーor短靴という、会社によってはビジネスカジュアルで許されそうな、大人なキレイめコーディネートです。どれか1つ欠けてもこの「キレイめ加減」と「大人っぽさ」と「オシャレさ」のバランスが崩れてしまいますので、この通りに合わせましょう。
ビビッドピンクが強烈なため、他の色は主張しない色で合わせてこのアウターを目立たせるのがいいでしょう。というわけで上下のトップスとシューズはモノトーンで合わせます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ポロシャツのジャケットスタイル

Small
BARNEYS NEW YORK ビビッドピンク ポロシャツ
コーディネートのポイント
最近欧米で流行りつつあるファッションとしてポロシャツの上にジャケットを羽織るスタイル。確かにポロシャツは襟付きで胸元にボタンがあるアイテムのため、ジャケットに対してシャツが合うように、意外と違和感はありません。 ただし、どちらかとえばおじさんっぽく見えるスタイルですので、落ち着いた男性、35歳以上ぐらいの男性、あるいは、そう見られたい人にとりわけオススメのスタイルです。
色については、無彩色であるブラック、グレーに、1色だけ有彩色であるピンクを合わせたオシャレな色の合わせ方です。また、ピンクはグレーがとりわけ相性がいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ポロシャツのスウェットブルゾンスタイル

Small
BARNEYS NEW YORK ビビッドピンク ポロシャツ
コーディネートのポイント
ポロシャツを1枚で着ない場合のスタイル。今回はスウェットブルゾンを合わせます。ポロシャツのえりの少し品がいい雰囲気を、スウェットブルゾンのリラックスした雰囲気で崩し、パンツはカジュアルにジーンズ、シューズはスニーカーで合わせることでシンプルにカジュアルなコーディネートが完成します。
色については、ピンクとグレ—は似合う色の組み合わせのため、派手な濃いピンクのインナーには暗めのグレ—であるチャコールグレーが合います。 パンツ、靴はそれぞれベーシックな色であるネイビーとこげ茶で合わせることで、インナーのピンクが引き立ちます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る