赤のシャツ(ドット(水玉), 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

ドット(水玉)の長そでシャツについての説明です。ドット(水玉)柄は柄の中でも極めてかわいい柄で、この柄が形としてきれいめな長そでのシャツに入っていることで、とてもオシャレで清潔感のあるアイテムとなります。 オシャレなアイテムでコーディネートが難しそうに感じるかもしれませんが、他のアイテムに柄を使わないというルールさえ守ればそこまで難しくありません。ジャケット、ブルゾン、ニット類とも相性が良いですし、暖かい季節は1枚で着たり、前を開けて胸元の空いたインナーなどを着ても男らしい要素が入ってかっこいいです。 丈の長いパンツにスニーカーやきれいめなブーツでもいいですし、ロールアップさせて、エスパドリーユ等も暖かい季節にはオススメです。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

現在該当するコーディネートはございません。

その他の赤のシャツのコーディネートを探す方はこちら