赤のVネックセーターのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

V字型に胸元が空いているニット、セーターです。Vネックセーターはオシャレでかつ防寒もできる優れたアイテムなので、 秋や冬の寒い季節に活躍すること間違いなしです。 カラーや素材、編み目などによって雰囲気もがらっと変わるので、.何種類か持っている人も多いです。 Vネックセーターには様々な柄や素材 がありますので、コーディネートに合わせて着こなしを変えていくのもおしゃれな着方です。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のVネックセーターのメンズコーディネート・着こなし

Small
dip ltd 赤 Vネックセーター
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーにニットを合わせ、素材感の違う2つのトップスで素材感のバランスをとり、パンツはデニムやチノ、靴はスニーカーと下半身はラフに合わせたスタイルです。服の合わせ方自体は一般的な分、服自体のデザイン性や品質、色の合わせ方で差をつけたいコーディネートです。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

赤のVネックセーターのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

赤のVネックセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
BARNEYS NEW YORK 赤 Vネックセーター
コーディネートのポイント
水玉やペイズリー、総柄といった全身に柄が施されているシャツは、無地のセーターで柄をかくしつつも、首元だけ柄が見えているとオシャレで、品がいいオシャレさんといった印象を与えるスタイルです。
無彩色(黒、白、グレー)+赤の組み合わせです。赤と黒はオシャレな色使いです。インナーは白だとより元気がいいイメージを与え、このようにグレ—だと白よりは多少落ち着いた雰囲気に見えます。インナーの方がパンツより明るい色の方が収まりがいいコーディネートになります。

赤のVネックセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る