ベージュのジップアップパーカー(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

長そでのジップアップパーカーは、前が開かないパーカーよりも、3枚のレイヤードで重ねる等、季節を問わずコーディネートで使いやすいアイテムといえます。 また、長そでのジップアップパーカーは比較的に相性の良いアイテムが多く、インナーにタンクトップやTシャツ、パンツはデニムやチノパン、靴はブーツやスニーカーと様々なコーディネートで重宝します。 寒い季節にはジップアップパーカーの上からダウンベストを合わせたり、デニムやレザーのブルゾンなどと合わせると無骨な要素とジップアップパーカーの持つかわいい要素を併せ持つコーディネートにする事もできます。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

ミリタリーの無骨さと可愛さを兼ね備えたコーデ

Small
coen men ベージュ ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
えりがたっていない(かさばらない)ブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。MA-1フライトジャケットは襟が短い上にやわらかくブルゾンなので、インナーにパーカーを差し込む事が出来ます。また、ミリタリーという無骨系アイテムであるMA-1の無骨さを、可愛い系のアイテムであるパーカー中和することでバランスのいいコーディネートになります。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンパーカーコーデ

Small
coen men ベージュ ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
えりがたっていないブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。スタジャンはこの条件を満たしたブルゾンのため、スタジャンの王道コーデであるデニム、スニーカー合わせのコーデにパーカーを差し込みます。スタジャンは少年っぽさがあるアイテムのため、フードつきのパーカーも合わせて、若く元気に見えるスタイルです。元気な雰囲気の人、背が低めの人に合います。逆に「ガリ勉」、「真面目」、「草食系」といった雰囲気の人には似合いません。デニムの代わりにチノパンでも問題ありません。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと可愛さを兼ね備えたスタイル

Small
coen men ベージュ ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
パーカーのようにフードがついていると、それだけで「可愛い」要素が付け加わります。したがってこのようにコーディネートにパーカーを取り入れるのは、可愛く見られたい人には効果的です。このコーディネートのように、無骨系のブルゾンと可愛い系のアイテムであるパーカーを合わせることで、どちらの要素もあわせ持つバランスのいいコーディネートとなります。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストのパーカー合わせ

Small
coen men ベージュ ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
ダウンベストにパーカーを合わせるスタイルです。ジップアップパーカー(前で開くパーカー)でも、スウェットパーカー(前で開かないパーカー)でも構いません。ダウンベストとパーカーというトップスの組み合わせに対しては、パンツはデニムやチノパン・綿パン、あるいはカーゴパンツとカジュアルに合わせ、靴もスニーカーと、全てカジュアルに合わせるのが1番合います。パーカー+ダウンベストはかっこいいのに、実際にやっている人をあまり見かけないので、この合わせ方をしていると、「オシャレな、アウトドア好きな人」に見えます。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ライダースダブルの甘辛スタイル

Small
coen men ベージュ ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
男らしさと可愛さを両方備えたコーディネートです。ダブルのライダースジャケットにはパーカーが似合うというルールがあります。ライダースジャケットは男臭いアイテムですが、パーカーはコーディネートに可愛いという属性がつくアイテムで、この2つがあることにより、男らしさと可愛さを併せ持つ演出が出来ます。さらに前開きパーカーの中にタンクトップ(=胸元が空いている)を入れる事で、アウターを脱いだ場合でも、パーカーの前のチャックをあけても男らしさを演出できます。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

単色スタジャンのパーカー合わせスタイル

Small
coen men ベージュ ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
スタジャンは男らしいアイテムです。インナーに「(フードがついていることにより)可愛い」属性のパーカーを挟むことで、男らしさと可愛さのバランスがとれます。パーカーの下は胸元が見えるようにタンクトップかUネックやVネックのTシャツを。この肌着は3枚重ねになるため柄モノはしつこく、無地が1番スッキリ格好よくみえます。パンツはデニムかチノで合わせて、靴はパーカーの方を意識してスニーカーでカジュアルに行くか、アウターの単色スタジャンを意識してワークブーツで無骨に行くか、お好みの方を選択して下さい。
色については、ベージュは黒と白と合わせるのが鉄板の色合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

パーカーとTシャツのシンプルモテスタイル

Small
coen men ベージュ ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
パーカー+Tシャツ+チノパン(orデニム)+スニーカーという、そろえやすく、誰にでも似合う服の組み合わせでありながら、シンプルにオシャレになるコーディネートです。パーカーはフードがついていることにより、幼く見せる効果があるアイテム(だから強気な女性がパーカーを着たりするととても可愛く見えたりするのです)です。したがって、TシャツをプリントTにすると、「柄」も可愛い要素のため、トップスが可愛い可愛いになってしまうので、無地かつ胸元が空いているVまたはUネックと合わせましょう。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

パーカーのシンプル可愛いスタイル

Small
coen men ベージュ ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
パーカー+Tシャツ+チノパン(orデニム)+スニーカーという、そろえやすく、誰にでも似合う服の組み合わせでありながら、シンプルにオシャレになるコーディネートです。パーカーはフードがついていることにより、幼く見せる効果があるアイテム(だから強気な女性がパーカーを着たりするととても可愛く見えたりするのです)です。可愛く見せたい場合は、Tシャツも柄のTシャツで合わせます。(逆にこれ以上可愛い要素を外したい場合はTシャツは無地にする方がいいでしょう)
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

暖かい日のパーカーをさらっと羽織るスタイル

Small
coen men ベージュ ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
パーカーはフードがついている分かわいい要素があるアイテム。暖かい日は1番外のアウターとしてタンクトップの上にさらっと羽織るのが男性の、可愛い&カジュアルな印象を与えるオシャレです。
色については、今回は通常白や黒と合わせるベージュを白黒以外で合わせないパターンです。ベージュは茶色に近い色ですので、同じく茶色に近いエンジ(ワインレッド、ボルドー)とその茶色と合わせることで、暖色(赤系統色)の統一感が出ます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ライダースパーカースタイル

Small
coen men ベージュ ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
ダブルのライダースジャケット(前の部分が折り重なるライダースジャケット)は、無骨で男らしいアイテムですが、これに可愛い要素であるフードがついているパーカーをインナーに挟み込むと、無骨さと可愛さを両方合わせ持つ、コーディネートになります。パンツはノーマルな形でももちろんあうのですが、ダブルのライダースが体にぴっちりつくアイテムのため、テーパードパンツやサルエルパンツのような股下が長めのゆるっとしたパンツも相性がいいアイテムです。(「ぴっちり」と「ゆるっと」は相性がいいのです)
ベージュは黒やチャコールグレーといった無彩色(モノトーンカラー)が最も相性が良い色の組み合わせですので、これらで合わせたカラーコーディネートとなっています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る