青・ブルーのジップアップパーカー(半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チャック・ジッパーがついている、前が開くパーカーです。こちらの方が、前が開かないパーカーよりも、3枚のレイヤードで重ねる等コーディネートで使いやすいアイテムといえます。メンズのみなさんもよくコーディネートで使っている人も多いと思います。おしゃれな着こなし方としては、ジップアップの中に柄シャツを着て、シャツを襟と裾から出して着るとかわいい感じにコーディネートできます。配色はパーカーはグレーか黒で、柄シャツは原色系で赤か青のチェックシャツか水玉模様がおすすめのカラーコーディネートです。青・ブルーは寒色の代表色で、暖色の代表色である赤・レッドと相性がいい色です。明るければ爽やかな、暗ければクールな印象を与えます。

男らしさと可愛さを兼ね備えたスタイル

Small
コレクティブ 青・ブルー ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
パーカーのようにフードがついていると、それだけで「可愛い」要素が付け加わります。したがってこのようにコーディネートにパーカーを取り入れるのは、可愛く見られたい人には効果的です。このコーディネートのように、無骨系のブルゾンと可愛い系のアイテムであるパーカーを合わせることで、どちらの要素もあわせ持つバランスのいいコーディネートとなります。
色については、黒白のモノトーン色に、寒色の青と暖色の赤系統色である茶色・ベージュで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デニムブルゾン+パーカーで可愛めスタイル

Small
コレクティブ 青・ブルー ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
パーカーはフードがついているため「可愛い」要素があるアイテム。このパーカーを、ブルゾンの中に着ることで、防寒力が上がるとともに、オシャレな着こなしになります。今回はデニムブルゾンにパーカーを合わせます。パンツはデニムonデニムは基本NGなので、綿パン・チノパンと合わせ、靴はブルゾンに合わせるならブーツ、パーカーに合わせるならスニーカーと合わせます。どちらでも構いません。より男らしく見せたい方はブーツがいいですし、どちらかといえば男臭くないファッションを好まれる方はスニーカーと合わせましょう。
色については、黒白のモノトーン色に、寒色の青と暖色の赤系統色である茶色・ベージュで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾンのパーカー合わせスタイル

Small
コレクティブ 青・ブルー ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
パーカーはフードがついているため「可愛い」要素があるアイテム。このパーカーを、ブルゾンの中に着ることで、防寒力が上がるとともに、オシャレな着こなしになります。今回はレザーブルゾンにパーカーを合わせます。レザーの無骨さをパーカーの可愛さが中和する、いわゆる「甘辛コーデ」というスタイルです。レザーブルゾン(革ジャン)を着たいが、ごつく、男くさくなりすぎるのも嫌だという人にはちょうどいいスタイルです。
色については、黒白のモノトーン色に、寒色の青と暖色の赤系統色である茶色・ベージュで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

暖かい日のパーカーをさらっと羽織るスタイル

Small
コレクティブ 青・ブルー ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
パーカーはフードがついている分かわいい要素があるアイテム。暖かい日は1番外のアウターとしてタンクトップの上にさらっと羽織るのが男性の、可愛い&カジュアルな印象を与えるオシャレです。
色については、青と茶色は相性のいい色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴を同じ系統でより暗い色である茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

半端そでのジップアップパーカー着こなし

Small
コレクティブ 青・ブルー ジップアップパーカー
コーディネートのポイント
半端そでのジップアップパーカは「フード付きのパーカーであること」および、「半端な長さのそで丈」であること、という2 つの「かわいい」属性を備えているアイテムです。若く見えるアイテムであり、若い人にとりわけ似合うアイテムですから、今回はインナーを胸元を見せる無地のUネックやVネックのTシャツで合わせます。パンツはジーンズでもチノパンでも可、今回シューズはローカットスニーカーで合わせています。
色については、寒色である青のアウターに暖色のエンジ(ワインレッド)の靴を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る