赤のブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ブルゾンはいわゆる「ジャンパー」です。丈は短めで腰ぐらいまでの長さで、ジャケットのように下が開かず、ジップにしてもボタンにしても腰回りに余裕を作らず、ぴたっと体にフィットさせるアウター全般を指します。男らしい印象になるアイテムです。男性が着るブルゾンジャンパーはレザーやボアレザー、ナイロン、デニムブルゾンなど様々な種類のブルゾンがあります。今回はこのメンズ向けのブルゾンのファッションコーディネート、おしゃれな着こなし方について解説していきます。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe 赤 ブルゾン
コーディネートのポイント
ジャケットがキレイ目なアイテムであることと比較して、ブルゾンは全体的に男らしいアイテムです。この男らしさをそのまま生かすと、インナーは胸元が空いた無地のTシャツ、パンツはデニムかチノで靴にワークブーツを持ってくると、無骨テイストなブルゾンスタイルが完成します。
アウターが鮮やかな色の場合、インナーは白か薄い色で合わせるのが鉄板の色使いです。また、暖色と寒色を合わせるのはオシャレな色使いなのですが、赤と青はそれぞれ暖色と寒色の代表的な色です。

赤のブルゾンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る