こげ茶のカジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ生地ではない、柔らかかったり、あるいは柄が入っていたりする、私服で着れるようなテーラードジャケットのことです。(テーラードジャケット=いわゆる、ジャケットと言われて一番一般的な形の服)メンズファッションにおいて最も着こなしやすく、簡単にかっこよくなれるアイテムです。通年で着用できるアイテムで、夏用には麻やシアサッカーといった涼しい素材のものや、七分袖のものがあります。シャツを合わせてキレイ目に着こなしたり、パーカーと合わせて可愛くカジュアルに着こなす等、好みに合ったコーディネートを実践しましょう。茶色よりも濃い・黒めな色が焦げ茶色です。茶色と同じくネイビー・紺色ととりわけ相性がいい色ですが、濃い分、ネイビーも濃いネイビーと合います。

こげ茶のカジュアルジャケット(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ハイダウェイ ニコル こげ茶 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、茶色とマリンブルーが比較的相性がいい色の組み合わせです。

こげ茶のカジュアルジャケット(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

こげ茶のカジュアルジャケット(長そで, タータンチェック)のメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI こげ茶 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットはその存在自体がオシャレなアイテムです。このアイテムを秋冬にキレイ目に合わせます。柄と柄を合わせるのはNGなので、インナーは無地のシャツを合わせます。今回はパンツにウールパンツ、コーデュロイパンツといった、少しもこもこした素材感のパンツを合わせることで寒い時期の季節感とマッチします。靴はジャケット+シャツのキレイ目に合わせて短靴やチャッカブーツで合わせるのがベストです。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

こげ茶のカジュアルジャケット(長そで, タータンチェック)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

こげ茶のカジュアルジャケット(長そで, 千鳥格子)のメンズコーディネート・着こなし

Small
MONSIEUR NICOLE こげ茶 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケット+シャツ+スラックス(カーゴスラックス)+キレイ目シューズとキレイ目オンパレードのとても品が良く見えるコーディネートです。気取りたい場合はハットやニットのネクタイをしてもオシャレです。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

こげ茶のカジュアルジャケット(長そで, 千鳥格子)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る