グレーのカジュアルジャケット(長そで, パイピング(ふち取り))のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ生地ではない、柔らかかったり、あるいは柄が入っていたりする、私服で着れるようなテーラードジャケットのことです。(テーラードジャケット=いわゆる、ジャケットと言われて一番一般的な形の服)メンズファッションにおいて最も着こなしやすく、簡単にかっこよくなれるアイテムです。通年で着用できるアイテムで、夏用には麻やシアサッカーといった涼しい素材のものや、七分袖のものがあります。シャツを合わせてキレイ目に着こなしたり、パーカーと合わせて可愛くカジュアルに着こなす等、好みに合ったコーディネートを実践しましょう。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

かっちりとゆるめの間をとるノーカラーシャツ

Small
ジャーナルスタンダード グレー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄のカジュアルジャケットのキレイ目スタイル

Small
ジャーナルスタンダード グレー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のカジュアルジャケットの着こなしです。柄on柄はNGなので、インナーは無地の、そしてジャケットにと同じキレイ目属性のアイテムであるシャツで合わせます。柄のジャケットは柄がある時点でフォーマットよりはカジュアル目の雰囲気になるので、パンツはデニムでカジュアルにしても似合います。靴は、ジャケット+シャツのキレイ目要素で行くなら短靴やローファー、サイドゴアブーツやチャッカブーツといったキレイ目なブーツと合わせます。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

パイピングジャケットのブーツスタイル

Small
ジャーナルスタンダード グレー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
パイピング(ふち撮り)ジャケットのスタイルです。パイピングの要素が可愛い分、靴をブーツにすることで男らしさと可愛さのバランスを調整します。インナーはジャケットに合わせてシャツにします。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

パイピングジャケットのキレカジスタイル

Small
ジャーナルスタンダード グレー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
パイピングジャケット(服のふちに線が入ったジャケット)は、この線の部分がオシャレポイントの可愛いアイテムです。ジャケットなので中にシャツを着て、同じく可愛い属性のスニーカーとは、ジャケット+シャツを崩した上で相性も抜群です。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのキレイ目スタイル

Small
ジャーナルスタンダード グレー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
色については、ブルーグリーンを目立つように、他の色を控えめな主張しない色で合わせたカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

綺麗めスリッポンスタイル

Small
ジャーナルスタンダード グレー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットに、セーター+綿パンのキレイ目なコーディネートに、足下をカジュアルにスリッポンで合わせたスタイル。ジャケットの柄の可愛いさと、ニットの優しい雰囲気と、ジャケット&シャツ&綿パンの品の良さに、スリッポンのカジュアルさをミックスさせた、オシャレなコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

100%プレッピールック

Small
ジャーナルスタンダード グレー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ふちに線が入っているジャケットの「パイピングャケット」に、ニットのベスト(スクールベスト)、ローファー、短靴と、アメリカのいい大学の制服が元となっている、いいとこのおぼっちゃんスタイルといわれるプレッピースタイルです。 それぞれのアイテムが、プレッピースタイルのアイテムで、統一感があります。「可愛い」、及び「品がいい」という印象を与えるがつくコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回は緑)を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

袖無しインナーダウンのキレイ目着こなし

Small
ジャーナルスタンダード グレー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
インナーダウンの着こなし方のうちの1つ。今回は袖無しのインナーダウンをキレイ目で合わせています。ジャケット+インナーダウン+シャツ+スラックス+短靴と、キレイ目アイテムオンパレードで合わせました。
色については、ベージュは淡い中途半端な色(鮮やかすぎない、明るすぎないかといって、暗くもない)のため、極端な色である白や黒といった無彩色と相性がいい色です。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ひたすらキレイ目スタイル

Small
ジャーナルスタンダード グレー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケット+シャツ+スラックス(カーゴスラックス)+キレイ目シューズとキレイ目オンパレードのとても品が良く見えるコーディネートです。気取りたい場合はハットやニットのネクタイをしてもオシャレです。
色については、ブルー系統とモノトーンのみで合わせた爽やかなコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーシャツに柄ジャケスタイル

Small
ジャーナルスタンダード グレー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーのオシャレ要素に加え、アウターも柄のジャケットで合わせることで、ファッション感度が高い人に見えるキレイ目なコーディネートができあがります。パンツチノ、シューズは短靴で上半身と同じようにキレイ目にまとめました。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る