明るい青のカジュアルジャケット(半端そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ生地ではない、柔らかかったり、あるいは柄が入っていたりする、私服で着れるようなテーラードジャケットのことです。(テーラードジャケット=いわゆる、ジャケットと言われて一番一般的な形の服)メンズファッションにおいて最も着こなしやすく、簡単にかっこよくなれるアイテムです。通年で着用できるアイテムで、夏用には麻やシアサッカーといった涼しい素材のものや、七分袖のものがあります。シャツを合わせてキレイ目に着こなしたり、パーカーと合わせて可愛くカジュアルに着こなす等、好みに合ったコーディネートを実践しましょう。明るい青は爽やかな色です。色としては白やベージュと合わせるとその爽やかさを保ったまま爽やかなコーディネートが完成します。

抜け感を出したジャケットスタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
七分丈のジャケットは抜け感があって、春夏にピッタリのアイテムです。春夏なので、ボトムスはハーフパンツで、ジャケットが無地なので、柄物を合わせて遊ぶのも◎ 足元はデッキシューズやスリッポン、エスパドリーユ、ローファーといったかかと部分の高さが低めのペタンコ靴が季節感満載で合いますが、短靴で締めるのもアリです!
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

七分そでジャケットのTシャツキレイ目スタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
七分そでジャケットのような、半端な丈のことを「ハンパ丈」といい、アイテムとしては「九分」等もあったりします。このようなアイテムを使用する際は1つ鉄板のルールがあり、それは「ハンパ丈アイテムを1コーディネート内に2回使わない」というルールです。(したがって、パンツはハンパ丈にしません)今回は七分そでジャケットが無地なので、インナーは無地でも柄でも合わせられます。靴も短靴あるいはローファーでキレイ目に合わせました。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

七分そでジャケットのラフなカジュアルスタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
七分そでジャケットのような、半端な丈のことを「ハンパ丈」といい、アイテムとしては「九分」等もあったりします。このようなアイテムを使用する際は1つ鉄板のルールがあり、それは「ハンパ丈アイテムを1コーディネート内に2回使わない」というルールです。(したがって、パンツはハンパ丈にしません)今回は七分そでジャケットが無地なので、インナーは無地でも柄でも合わせられます。パンツはチノかデニム、靴はスニーカーでカジュアルなスタイルです。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

七分ジャケットと短パンのキレイ目夏スタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
そで丈が七分のジャケット+短パンという、暑い日にジャケットを着るスタイルです。インナーは胸元の空いた柄のTシャツにすることで、季節感に合い、見た目にもスッキリした上で自分の個性をTシャツの柄で表すこともできます。短パンやペタンコ靴のラフな装いに、程よい品の良さのカジュアル感が加わります。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

七分ジャケットの夏スタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
そで丈が七分のジャケット+短パンという、暑い日にジャケットを着るスタイルです。短パンやペタンコ靴のラフな装いに、程よい品の良さのカジュアル感が加わります。普段ジャケットを着る方の夏スタイルとしてうってつけです。インナーは胸元の空いた無地のTシャツにすることで、季節感にあい、見た目にもスッキリします。また無地の分柄モノより落ち着いて見えます。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

七分ジャケットの夏スタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
そで丈が七分のジャケット+短パンという、暑い日にジャケットを着るスタイルです。短パンやペタンコ靴のラフな装いに、程よい品の良さのカジュアル感が加わります。普段ジャケットを着る方の夏スタイルとしてうってつけです。インナーは胸元の空いたTシャツにすることで、季節感にあい、見た目にもスッキリします。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ジャケット好きの夏スタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
普段ジャケットを着る、少し可愛めファッションが好きな方の夏スタイルとしてうってつけな、七分のジャケット+短パンという、暑い日にジャケットを着るスタイルです。短パンやペタンコ靴に柄Tといったラフな装いに、程よい品の良さのカジュアル感が加わります。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

七分ジャケットの夏スタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
七分のジャケット+短パンという、暑い日にジャケットを着るスタイルです。無地ジャケットに無地Tと、トップスに柄モノを使わないことで、下半身を短パンやペタンコ靴のラフな装いにしつつも大人な雰囲気を出します。普段ジャケットを着る落ち着いた方の夏スタイルです。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

暖かい日のジャケットスタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
七分ジャケットと短パンで合わせる春夏のジャケットスタイルです。短パンやペタンコ靴のラフな装いに、程よい品の良さのカジュアル感が加わります。普段ジャケットを着る方の夏スタイルとしてうってつけです。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

七分そでジャケット+デッキシューズスタイル

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
七分そでジャケットのような、半端な丈のことを「ハンパ丈」といい、アイテムとしては「九分」等もあったりします。このようなアイテムを使用する際は1つ鉄板のルールがあり、それは「ハンパ丈アイテムを1コーディネート内に2回使わない」というルールです。(したがって、パンツはハンパ丈にしません)今回は七分そでジャケットが無地なので、インナーは無地でも柄でも合わせられます。パンツはチノかデニムでカジュアルに、靴はデッキシューズで合わせます。(この際パンツのすそはまくります)
赤と青が相性がいいカラーコーディネートのため、赤を薄めたピンクには、青を薄めた色が合います。

春のメンズコーディネートをもっと見る