明るい青のカジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ生地ではない、柔らかかったり、あるいは柄が入っていたりする、私服で着れるようなテーラードジャケットのことです。(テーラードジャケット=いわゆる、ジャケットと言われて一番一般的な形の服)メンズファッションにおいて最も着こなしやすく、簡単にかっこよくなれるアイテムです。通年で着用できるアイテムで、夏用には麻やシアサッカーといった涼しい素材のものや、七分袖のものがあります。シャツを合わせてキレイ目に着こなしたり、パーカーと合わせて可愛くカジュアルに着こなす等、好みに合ったコーディネートを実践しましょう。明るい青は爽やかな色です。色としては白やベージュと合わせるとその爽やかさを保ったまま爽やかなコーディネートが完成します。

明るい青のカジュアルジャケット(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
40歳以上の大人の方、あるいは、性格的にワイルドやガツガツ前に行く方ではない、控えめだったり落ち着いている方の場合は、胸元を露出しない丸首Tシャツが似合います。 その上で、「可愛い」スタイルに見せたい場合はプリントTにするといいですし、そういった「可愛い」要素が入るのは嫌な場合は、シンプルに無地Tで合わせましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。明るい青とネイビーを引き立たせる効果があります。

明るい青のカジュアルジャケット(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のカジュアルジャケット(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ギルドプライム メンズ 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケット+シャツ+スラックス(カーゴスラックス)+キレイ目シューズとキレイ目オンパレードのとても品が良く見えるコーディネートです。気取りたい場合はハットやニットのネクタイをしてもオシャレです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。明るい青とネイビーを引き立たせる効果があります。

明るい青のカジュアルジャケット(長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のカジュアルジャケット(長そで, 縦のボーダー(太い線))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ビームス メン 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

明るい青のカジュアルジャケット(長そで, 縦のボーダー(太い線))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のカジュアルジャケット(半端そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ゼロバイトルネードマート 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
七分そでジャケットのような、半端な丈のことを「ハンパ丈」といい、アイテムとしては「九分」等もあったりします。このようなアイテムを使用する際は1つ鉄板のルールがあり、それは「ハンパ丈アイテムを1コーディネート内に2回使わない」というルールです。(したがって、パンツはハンパ丈にしません)今回は七分そでジャケットが無地なので、インナーは無地でも柄でも合わせられます。パンツはチノかデニムでカジュアルに、靴はデッキシューズで合わせます。(この際パンツのすそはまくります)
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。明るい青とネイビーを引き立たせる効果があります。

明るい青のカジュアルジャケット(半端そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のカジュアルジャケット(長そで, 無地, リネン(麻))のメンズコーディネート・着こなし

Small
マインドブロウ 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
涼しい麻ジャケットは夏のきれい目ファッション。インナーは無地のVネックTに、短パンを合わせ、素足で短靴(レザーシューズ)やローファー、レザーのスリッポンで合わせるのがいいでしょう。トップスはTシャツやポロシャツだけで済ましがちな季節に、ジャケットをあえて羽織るということで、麻ジャケットはオシャレな雰囲気が強まるアイテムです。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

明るい青のカジュアルジャケット(長そで, 無地, リネン(麻))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のカジュアルジャケット(長そで, 無地, デニム)のメンズコーディネート・着こなし

Small
エディフィス 明るい青 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
デニムのジャケットはうまく着ればとてもオシャレな雰囲気が出るアイテムです。逆に、「いつも良く履くGパン」と合わせてしまうと、デニムonデニムの変なコーディネートになりダサくなってしまいます。まず、インナーはテーラードジャケットの形に合うシャツを合わせます。ジャケットのデニムの素材感に合わせてパリっとしたキレイ目シャツよりも、多少カジュアルな柔らかい素材感のシャツが合います。パンツはチノパン、あるいはウールパンツと合わせ、靴はブーツかチャッカブーツか短靴で合わせるのがオシャレな着こなしです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。明るい青とネイビーを引き立たせる効果があります。

明るい青のカジュアルジャケット(長そで, 無地, デニム)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る