赤のカジュアルジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ生地ではない、柔らかかったり、あるいは柄が入っていたりする、私服で着れるようなテーラードジャケットのことです。(テーラードジャケット=いわゆる、ジャケットと言われて一番一般的な形の服)メンズファッションにおいて最も着こなしやすく、簡単にかっこよくなれるアイテムです。通年で着用できるアイテムで、夏用には麻やシアサッカーといった涼しい素材のものや、七分袖のものがあります。シャツを合わせてキレイ目に着こなしたり、パーカーと合わせて可愛くカジュアルに着こなす等、好みに合ったコーディネートを実践しましょう。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のカジュアルジャケット(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

赤のカジュアルジャケット(長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

赤のカジュアルジャケット(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ギルドプライム メンズ 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
無地のジャケットにプリントTを合わせる基本のカジュアルコーディネートです。パンツはデニムまたはチノパン・綿パンと、靴は短靴かサイドゴアブーツでキレイ目に合わせます。丸首プリントTは、年齢でいえば40歳以上、あるいは控えめな性格の方はとりわけ似合います。ジャケットと短靴(サイドゴアブーツ)でキレイ目に合わせつつ、インナーをプリントTで崩すスタイルで、カジュアルさとキレイ目さがミックスされています。IT系の多少ラフな私服が許される会社等でちょうどいいぐらいのコーディネートです。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

赤のカジュアルジャケット(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

赤のカジュアルジャケット(長そで, タータンチェック)のメンズコーディネート・着こなし

Small
DRESSTERIOR 赤 カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のカジュアルジャケットの着こなしです。柄on柄はNGなので、インナーは無地の、そしてジャケットにと同じキレイ目属性のアイテムであるシャツで合わせます。柄のジャケットは柄がある時点でフォーマットよりはカジュアル目の雰囲気になるので、パンツはデニムでカジュアルにしても似合います。靴は、ジャケット+シャツのキレイ目要素で行くなら短靴やローファー、サイドゴアブーツやチャッカブーツといったキレイ目なブーツと合わせます。
アウターが鮮やかな色の場合、インナーは白か薄い色で合わせるのが鉄板の色使いです。また、暖色と寒色を合わせるのはオシャレな色使いなのですが、赤と青はそれぞれ暖色と寒色の代表的な色です。

赤のカジュアルジャケット(長そで, タータンチェック)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る