ワインレッドのカジュアルジャケット(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

長そで、無地のカジュアルジャケットはきれいめの代表とも呼べるアイテムの一つです。 カジュアルジャケット自体もさることながら、無地のアイテムには品の良さ、大人ならしさを出す効果があります。長そでのカジュアルジャケットに合わせてインナーやパンツも無地で揃えてもかっこいいですし、柄を混ぜたり、スニーカーと合わせて軽く崩すことで、おしゃれをわかってる人という感じを出すことも出来ます。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

かっちりとゆるめの間をとるノーカラーシャツ

Small
ベースコントロール ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

オーソドックスなジャケットスタイル

Small
ベースコントロール ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
無地のジャケットにプリントTを合わせる基本のカジュアルコーディネートです。パンツはデニムかチノパン・綿パンと合わせ、靴はブーツで合わせます。丸首プリントTは、40歳以上、あるいは控えめな性格の方はとりわけ似合います。ジャケットのキレイ目、プリントの少し可愛い要素、ブーツの男らしさがバランスよくミックスされたコーディネートです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

キレイ目寄りジャケットTシャツスタイル

Small
ベースコントロール ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
無地のジャケットにプリントTを合わせる基本のカジュアルコーディネートです。パンツはデニムまたはチノパン・綿パンと、靴は短靴かサイドゴアブーツでキレイ目に合わせます。丸首プリントTは、年齢でいえば40歳以上、あるいは控えめな性格の方はとりわけ似合います。ジャケットと短靴(サイドゴアブーツ)でキレイ目に合わせつつ、インナーをプリントTで崩すスタイルで、カジュアルさとキレイ目さがミックスされています。IT系の多少ラフな私服が許される会社等でちょうどいいぐらいのコーディネートです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

親しみやすいジャケット+プリントT

Small
ベースコントロール ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
Uネック、VネックのTシャツは胸元が見えることで男らしさがアピールされつつも、プリント柄があることで無地Tよりも親しみやすくなります。なお、控えめな性格の方は首元がつまりぎみの丸首Tシャツの方が似合いますが、単純に外見を格好よくしたければ、UネックやVネックTで合わせる事をオススメします。(顔が大きい方も、小顔効果があるのでUネックやVネックTをオススメします。サングラスやネックレス、季節によってはストーツやマフラーを巻くと、余計小顔効果が促進されます)
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

オーソドックスなジャケットモテスタイル

Small
ベースコントロール ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケットにプリントTを合わせるキレイ目カジュアルなスタイルです。プリント柄で個性が出ます。靴はジャケットに合わせてキレイ目な短靴やサイドゴアブーツで合わせます。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツジャケットの無骨目スタイル

Small
ベースコントロール ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ペイズリー柄や、総柄のシャツをキレイ目&多少ワイルドに着こなすコーディネートです。柄on柄はNGなので、アウターとしてジャケットを着る際は無地のジャケットを合わせます。パンツはデニム。靴は、男らしくしたい場合はワイルドにワークブーツを、キレイ目にしたい場合はチャッカブーツで合わせます。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ジャケットのクロップドパンツスタイル

Small
ベースコントロール ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケットにクロップド(七分丈)パンツを合わせるスタイルです。暖かい日のカジュアルコーディネートであり、胸元が空いている方が格好良く見えるため、インナーはVネックかUネックのTシャツを合わせます。パンツの丈がハンパなので、靴はローファー、デッキシューズのようなペタンコ靴か、ジャケットのキレイ目要素と同じ短靴で合わせるのが統一感があってマッチします。ハンパ丈は1カ所しか入れてはいけないため、今回はパンツだけがハンパな長さのスタイルです。「キレイ目だけど遊び心がある」スタイルです。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

大人の落ち着いたジャケットスタイル

Small
ベースコントロール ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
40歳以上の大人の方、あるいは、性格的にワイルドやガツガツ前に行く方ではない、控えめだったり落ち着いている方の場合は、胸元を露出しない丸首Tシャツが似合います。 その上で、「可愛い」スタイルに見せたい場合はプリントTにするといいですし、そういった「可愛い」要素が入るのは嫌な場合は、シンプルに無地Tで合わせましょう。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツジャケットのキレイ目スタイル

Small
ベースコントロール ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ペイズリー柄や、総柄のシャツをキレイ目に着こなすコーディネートです。柄on柄NGなので、アウターとしてジャケットを着る際は無地のジャケットを合わせます。パンツは同じく無地のチノパン・綿パンと合わせ、靴は今回はジャケット+シャツに合わせて短靴、サイドゴアブーツ、チャッカブーツ、ローファーといったキレイ目な靴で合わせます。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットパンツでカジュアルダウン

Small
ベースコントロール ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
スウェットパンツは、テーラードジャケットに合わせる事で、「気を使っているが、気合いを入れすぎていないオシャレ」を演出できます。目上の人がいない合コン等に最適です。(大人しめ、控えめな方は丸首TシャツでOKです)
色については、アウターのエンジ(ワインレッド)とパンツのブルーグリーンは相性がいい、オシャレはカラーコーディネートです。