グレーのカバーオール(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

カバーオールとは、丈が長いGジャン(デニムブルゾン)のような形のアウターです。ポケットが胸の部分にも腰の部分にもついている形が一般的です。普通に「カバーオール」というと、「オーバーオール」のような、パンツとくっついた形のものもありますが、ここでのカバーオールはジャケットのようなタイプのものをいいます。カバーオールは太めのジャケットですので、ズボンは細めのパンツをコーディネートしてVラインをつくりましょう。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

カバーオールのTシャツ合わせスタイル

Small
ANOTHER SIDE SQUARE グレー カバーオール
コーディネートのポイント
カバーオールは、主に「デニムブルゾンの丈が長い版」のような服のことをさします。服の上下4カ所にポケットがついているものが一般的です。インナーは胸元が空いたTシャツと合わせましょう。パンツはポケットが重複するのでカーゴパンツは避け、靴は短靴やワークブーツ、チャッカブーツ、スニーカー等を合わせるといいでしょう。
色については、寒色の青系統&暖色の赤系統色である茶色で合わせているため、適切なカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

カバーオールのシャツ合わせスタイル

Small
ANOTHER SIDE SQUARE グレー カバーオール
コーディネートのポイント
カバーオールは、主に「デニムブルゾンの丈が長い版」のような服のことをさします。服の上下4カ所にポケットがついているものが一般的です。インナーはシャツと合わせ、パンツはポケットが重複するのでカーゴパンツは避け、チノパン・綿パンに。靴はキレイ目に行くなら短靴やチャッカブーツを、無骨目に行くならワークブーツを合わせるといいでしょう。
色については、ミントグリーンと薄いブルーは相性のいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る