ワインレッドのキルティングジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

表面に筋が縦横に入ったキルティングジャケットは、冬の柔らかい素材のジャケットです。コート代わりに、通常のスーツジャケットの上に着るおしゃれな着こなしもあります。キルティングジャケットは秋冬のアウターの中でも軽量で、合わせやすいアイテムです。このジャケットの王道なメンズの着こなし方としては、インナーはセーター等のニットにシャツと合わせ、パンツは綿パン、靴は短靴やチャッカブーツでキレイ目に合わせるコーディネートです。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドのキルティングジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
G-Star Raw ワインレッド キルティングジャケット
コーディネートのポイント
キルティングジャケットをキレイ目でなく、カジュアルに着こなすスタイルです。インナーにはシャツを着つつ、パンツをデニムやチノパンであわせ、靴はカジュアルにいくならスニーカー、きれい目にするなら短靴で合わせます。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

ワインレッドのキルティングジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る