グレーのスクールジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スクールジャケットはワッペンがついていたり、太いストライプが入っているテーラードジャケットのことです。メンズのファッションアイテムの中では一度でも着こなしに挑戦してもらいたいおしゃれな服です。コーディネートでは、スクールということで学生風のアイテムのため、年齢的に若く、またデザインもシンプルでなく複数の色が入ったりワッペンやストライプの存在から、「可愛いく」見える効果があります。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

スクールジャケットのデニムスタイル

Small
ユニオンステーション グレー スクールジャケット
コーディネートのポイント
縦のシマシマが入っていたり、ワッペンがついていたりする学生のブレザー風ジャケットであるスクールジャケット。中にはシャツを着て、パンツをダメージ等がない、キレイ目のデニムか無地のチノパン・綿パン、靴はカジュアルに行くならスニーカーかブーツを合わせます。スニーカーの方が子供っぽく、ブーツの方が大人っぽく見えます。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スクールジャケットのキレカジスタイル

Small
ユニオンステーション グレー スクールジャケット
コーディネートのポイント
縦のシマシマが入っていたり、ワッペンがついていたりする学生のブレザー風ジャケットであるスクールジャケット。中にはシャツを着て、パンツをダメージがないデニムか無地のチノパン・綿パン、靴はスクールジャケットの雰囲気を生かしてローファーで合わせます。全体的に、遊び心があって品のいい印象を与えるスタイルです。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スクールジャケットのラフなスタイル

Small
ユニオンステーション グレー スクールジャケット
コーディネートのポイント
縦のボーダーやワッペン等がついていて、学生服のブレザーを思わせるスクールジャケット。このスクールジャケットは「遊び心がある、可愛いアイテム」といえます。今回はこのスクールジャケットをラフに着こなすコーディネート。インナーはスクールジャケットが柄アイテムなので、無地のTシャツを合わせ、パンツはデニムか綿パン、靴は男らしく見せたい場合はブーツ、そうでない場合はローカットのスニーカーで合わせます。好みを気にしなければ、ブーツの方がシルエットとしてはカッコいいです。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スクールジャケットのローファースタイル

Small
ユニオンステーション グレー スクールジャケット
コーディネートのポイント
縦のボーダーやワッペン等がついていて、学生服のブレザー的を思わせるスクールジャケット。このスクールジャケットは「遊び心がある、可愛いアイテム」といえます。今回はこのスクールジャケットをラフに着こなすコーディネート。インナーはスクールジャケットが柄アイテムなので、無地のTシャツを合わせ、パンツはデニムか綿パン、靴はスクールジャケットに合わせて同じプレッピーアイテムのローファーで合わせます。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スクールジャケットのカジュアルスタイル

Small
ユニオンステーション グレー スクールジャケット
コーディネートのポイント
スクールジャケットはプレッピーアイテムと呼ばれる、欧米の育ちのいいお坊ちゃんといった印象を与えるアイテムです。スクールジャケットが柄がある分、インナーは無地のTシャツを合わせます。 靴はジャケットに合わせて短靴や、プレッピーアイテムと相性がいいローファーでキレイ目に合わせます。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

暖かい日の柄ジャケットのスタイル

Small
ユニオンステーション グレー スクールジャケット
コーディネートのポイント
暖かい季節であれば、柄ジャケットのインナーに無地T、パンツをクロップド(七分)のチノでラフにした上で、靴をデッキシューズにしましょう。パンツは丈がクロップド(七分)ではなく、ロングパンツ(フルレングス)にした上で、裾をまくるのもOK。ともかくデッキシューズやスリッポンといったいわゆる「ペタンコ靴」を履く際は、パンツがハンパ丈か、裾をまくってくるぶしあたりを見せた方が圧倒的に格好いいです!
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

プレッピー(欧米の学生風)ルック

Small
ユニオンステーション グレー スクールジャケット
コーディネートのポイント
スクールジャケットのプレッピールック(アメリカの、エリート大学生の制服をルーツにもつ)の鉄板コーデです。きれい目のシャツにスラックスにローファー(あるいは短靴)で合わせます。ニットベストを入れても問題ありません。「いいとこのお坊ちゃん」という印象を与えます。
色については、ネイビー・青系統色と茶色はオシャレな色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ザ・プレッピーコーデ

Small
ユニオンステーション グレー スクールジャケット
コーディネートのポイント
スクールジャケットにニットベストにスラックスにローファー・短靴と、いわゆる「プレッピー」と呼ばれる欧米のエリート学生にルーツを持つファッションコーディネートです。 「オシャレ大好きな人」に見え、女性から「可愛い」と言われやすいコーディネートです。
色については、ネイビー・青系統色と茶色はオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スクールジャケットキレイ目スタイル

Small
ユニオンステーション グレー スクールジャケット
コーディネートのポイント
「スクールジャケット」はプレッピーと呼ばれる欧米の学生服をルーツにするスタイルのメインアイテム。ジャケットであることによる「キレイ目」要素と、スクールジャケット特有の、縦のボーダーやワッペン、紋章等がついていて、「可愛い」要素を兼ね備えます。これらをふまえ、インナーにニットを挟んだ上で無地のシャツ、パンツはチノパン・綿パン、靴は短靴やローファーで合わせると、スクールジャケットの雰囲気を保ったキレイ目カジュアルなスタイルになります。
暖色のピンクと寒色のブルーは相性がいい色の組み合わせです。

スクールジャケットの王道プレッピールック

Small
ユニオンステーション グレー スクールジャケット
コーディネートのポイント
スクールジャケットはプレッピーという系統に属するアイテムです。プレッピーとは、欧米の学生の服がルーツになっていて、「育ちがいい、いいとこのお坊ちゃん」という印象を与えます。このプレッピーアイテムのスクールジャケットに、今回は、同じくプレッピーのハーフスラックスやローファー、短靴と合わせた「ザ・プレッピーコーデ」です。「可愛い服」「オシャレ好き」こういったキーワードが好きな方にはうってつけのスタイルです。系統の問題で、体がごつかったり、男らしい人には似合いません。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る