ベージュのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ系ジャケットはテーラードジャケットの中でも、スーツの上で着るものと同じようなデザイン、素材、形のキレイめなジャケットです。スーツのジャケットとの違いとしては、こちらの方が肩パットが入っていなく、ツヤがなく、素材感がスーツ生地ではない=ごわっとしていたり、逆にテロテロだったりします。コーディネートにおいては、ジャケットのキレイ目さを生かして、ニットベストや無地シャツなどキレイ目なアイテムと組み合わせるのが相性が良いコーディネートです。スラックスや短靴、ローファーでキレイ目に合わせましょう。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

ベージュのスーツ系ジャケット(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
グリーンレーベルリラクシング ベージュ スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
スーツ生地の無地のキレイ目ジャケット(スーツ系ジャケット)を私服で着こなす際のコーディネートの1つです。 アウターがジャケット1枚だと少し寒い季節は、シャツとの間にカーディガンを挟みましょう。今回は無地ジャケットなのでこのカーディガンを柄物にして遊び心を出します。これがオシャレ要素になります。その上でパンツをデニムにすることでカジュアルダウン。靴は、男らしく見せたいならワークブーツ、キレイ目に見せたいなら短靴やチャッカブーツで合わせます。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

ベージュのスーツ系ジャケット(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る