スーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ系ジャケットはテーラードジャケットの中でも、スーツの上で着るものと同じようなデザイン、素材、形のキレイめなジャケットです。スーツのジャケットとの違いとしては、こちらの方が肩パットが入っていなく、ツヤがなく、素材感がスーツ生地ではない=ごわっとしていたり、逆にテロテロだったりします。コーディネートにおいては、ジャケットのキレイ目さを生かして、ニットベストや無地シャツなどキレイ目なアイテムと組み合わせるのが相性が良いコーディネートです。スラックスや短靴、ローファーでキレイ目に合わせましょう。

紺・ネイビーのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
エディフィス 紺・ネイビー スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
柄のスーツ系ジャケットを私服で着こなす際のコーディネートの1つです。 アウターがジャケット1枚だと少し寒い季節は、シャツとの間にセーターを挟みましょう。その上でパンツをデニムやチノパンにすることでカジュアルダウン。靴は、男らしく見せたいならワークブーツ、キレイ目に見せたいなら短靴やチャッカブーツで合わせます。
色については、ネイビーを無彩色の白とグレーで合わせたクールでオシャレなカラーコーディネートです。

紺・ネイビーのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

黒・ブラックのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
エディフィス 黒・ブラック スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
キレイ目ジャケットにニットベストを着た、暖かいキレイ目ジャケットスタイルです。ジャケットのキレイ目さと、ニットベストとの優しい雰囲気がマッチして、紳士的なイメージを与える服の組み合わせです。パンツはスラックス、靴は短靴かローファーでキレイ目合わせましょう。
色については、黒白のモノトーン色に、暖色の赤系統色である赤、茶色等を合わせたカラーコーディネートです。

黒・ブラックのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

グレーのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
TK グレー スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
キレイ目ジャケットにニットベストを着た、暖かいキレイ目ジャケットスタイルです。ジャケットのキレイ目さと、ニットベストとの優しい雰囲気がマッチして、紳士的なイメージを与える服の組み合わせです。パンツはスラックス、靴は短靴かローファーでキレイ目合わせましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回は緑)を引き立たせる効果があります。

グレーのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

青・ブルーのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード 青・ブルー スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
ハイネックとジャケットは相性がいい組み合わせです。パンツはスラックスや綿パン、靴は短靴で合わせて上品で大人なコーディネートにしましょう。コンサートの観劇等にうってつけのスタイルです。
色については、青と茶色は相性のいい色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴を同じ系統でより暗い色である茶色で合わせています。

青・ブルーのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ワインレッドのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
BOYCOTT ワインレッド スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
スーツ系ジャケットを私服で着こなす際のコーディネートの1つです。 アウターがジャケット1枚だと少し寒い季節は、シャツとの間にセーターを挟みましょう。その上でパンツをデニムやチノパンにすることでカジュアルダウン。靴は、男らしく見せたいならワークブーツ、キレイ目に見せたいなら短靴やチャッカブーツで合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジ、ピンクを引き立たせる効果があります。

ワインレッドのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
グリーンレーベルリラクシング ベージュ スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
キレイ目ジャケットにニットベストを着た、暖かいキレイ目ジャケットスタイルです。ジャケットのキレイ目さと、ニットベストとの優しい雰囲気がマッチして、紳士的なイメージを与える服の組み合わせです。パンツはスラックス、靴は短靴かローファーでキレイ目合わせましょう。
ベージュはぼやけた色なので、白か黒かその両方という、ハッキリした無彩色と合わせるのが1番格好いい色の組み合わせです。

ベージュのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

濃い紫のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 濃い紫 スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
スーツ生地の無地のキレイ目ジャケット(スーツ系ジャケット)を私服で着こなす際のコーディネートの1つです。 アウターがジャケット1枚だと少し寒い季節は、シャツとの間にカーディガンを挟みましょう。今回は無地ジャケットなのでこのカーディガンを柄物にして遊び心を出します。これがオシャレ要素になります。その上でパンツをデニムにすることでカジュアルダウン。靴は、男らしく見せたいならワークブーツ、キレイ目に見せたいなら短靴やチャッカブーツで合わせます。
色については、紫は暗めの無彩色(黒、グレー、チャコールグレー)が1番よく合う色のため、これらの色が使われたオシャレな配色です。

濃い紫のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
エディフィス 明るい青 スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
キレイ目ジャケットにニットベストを着た、暖かいキレイ目ジャケットスタイルです。ジャケットのキレイ目さと、ニットベストとの優しい雰囲気がマッチして、紳士的なイメージを与える服の組み合わせです。パンツはスラックス、靴は短靴かローファーでキレイ目合わせましょう。
色については、寒色のブルーと暖色の赤はオシャレな色の組み合わせです。

明るい青のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

こげ茶のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
グリーンレーベルリラクシング こげ茶 スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
スーツ生地の無地のキレイ目ジャケット(スーツ系ジャケット)を私服で着こなす際のコーディネートの1つです。 アウターがジャケット1枚だと少し寒い季節は、シャツとの間にカーディガンを挟みましょう。今回は無地ジャケットなのでこのカーディガンを柄物にして遊び心を出します。これがオシャレ要素になります。その上でパンツをデニムにすることでカジュアルダウン。靴は、男らしく見せたいならワークブーツ、キレイ目に見せたいなら短靴やチャッカブーツで合わせます。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

こげ茶のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

くすんだ赤紫のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI くすんだ赤紫 スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
ジャケットがキレイ目(スーツ系ジャケット)なので、インナーはシャツを持ってきますが、パンツをデニムやチノパンにすることでカジュアルダウン。靴は、男らしく見せたいならワークブーツ、キレイ目に見せたいなら短靴やチャッカブーツで合わせます。この種類のジャケットとスニーカーは合いませんので、避けましょう。
色については、パンツに対して、同じ系統の色でより濃い色の靴が合うというルールがあるため、ベージュのパンツに対して茶色の靴で合わせています。

くすんだ赤紫のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

チャコールグレーのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
タケオキクチ チャコールグレー スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
キレイ目ジャケットにニットベストを着た、暖かいキレイ目ジャケットスタイルです。ジャケットのキレイ目さと、ニットベストとの優しい雰囲気がマッチして、紳士的なイメージを与える服の組み合わせです。パンツはスラックス、靴は短靴かローファーでキレイ目合わせましょう。
色については、モノトーン色以外を赤系統のエンジ(ワインレッド)と茶色で合わせていて、暖かみのあるカラーコーディネートです。

チャコールグレーのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

白のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Small
エディフィス 白 スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
スーツ系ジャケットを私服で着こなす際のコーディネートの1つです。 アウターがジャケット1枚だと少し寒い季節は、シャツとの間にセーターを挟みましょう。その上でパンツをデニムやチノパンにすることでカジュアルダウン。靴は、男らしく見せたいならワークブーツ、キレイ目に見せたいなら短靴やチャッカブーツで合わせます。
色については、クリームイエロー、薄い青と薄い(彩度が低い)色同士で合わせています。このように、色の明度(明るさ)や彩度(鮮やかさ)を合わせるのもオシャレに見える色使いのテクニックです。

白のスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る