グレーのスーツ系ジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ系ジャケットはテーラードジャケットの中でも、スーツの上で着るものと同じようなデザイン、素材、形のキレイめなジャケットです。スーツのジャケットとの違いとしては、こちらの方が肩パットが入っていなく、ツヤがなく、素材感がスーツ生地ではない=ごわっとしていたり、逆にテロテロだったりします。コーディネートにおいては、ジャケットのキレイ目さを生かして、ニットベストや無地シャツなどキレイ目なアイテムと組み合わせるのが相性が良いコーディネートです。スラックスや短靴、ローファーでキレイ目に合わせましょう。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

柄のスーツ系ジャケットコーデ

Small
TK グレー スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットがキレイ目なので、インナーはシャツを持ってきますが、パンツをデニムやチノパンにすることでカジュアルダウン。靴は、男らしく見せたいならワークブーツ、キレイ目に見せたいなら短靴やチャッカブーツで合わせます。この種類のジャケットとスニーカーは合いませんので、避けましょう。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄のスーツ系ジャケットスタイル

Small
TK グレー スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
柄のスーツ系ジャケットを私服で着こなす際のコーディネートの1つです。 アウターがジャケット1枚だと少し寒い季節は、シャツとの間にセーターを挟みましょう。その上でパンツをデニムやチノパンにすることでカジュアルダウン。靴は、男らしく見せたいならワークブーツ、キレイ目に見せたいなら短靴やチャッカブーツで合わせます。
色については、ブルーグリーンを目立つように、他の色を控えめな主張しない色で合わせたカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ニットベストのキレイ目コーディネート

Small
TK グレー スーツ系ジャケット
コーディネートのポイント
キレイ目ジャケットにニットベストを着た、暖かいキレイ目ジャケットスタイルです。ジャケットのキレイ目さと、ニットベストとの優しい雰囲気がマッチして、紳士的なイメージを与える服の組み合わせです。パンツはスラックス、靴は短靴かローファーでキレイ目合わせましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回は緑)を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る