カーキのカーゴパンツ(フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

カーゴパンツは、取り入れ方次第では男らしいスタイルを格上げしてくれる優秀なボトムスです。カーゴパンツを着こなしに取り入れる時の1番大事なポイントは『太さ』です。太ければ太いほど子供っぽいアイテムになり、細ければ細いほど無骨なアイテムになります。このポイントを抑えてカーゴパンツを取り入れたスタイルを紹介していきたいと思います。自分にあったカーゴパンツのコーディネートスタイルを確立しましょう。カーキ色はミリタリーでよく見られる色のため、本来ミリタリーのアイテムでないアイテムでもミリタリーテイストになります。

デニムブルゾンの王道スタイル

Small
エディフィス カーキ カーゴパンツ
コーディネートのポイント
デニムブルゾンを男らしく着こなす場合のスタイルです。インナーはタンクトップや胸元が空いた無地のTシャツと合わせて色気を出します。パンツは、上がデニムなのでデニム以外のチノや、より男らしさを増幅するカーゴパンツで合わせます。靴はここまでの無骨さを引き継いで、同じく無骨なアイテムであるブーツで合わせるのがベストです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ライダースダブルのコーディネート

Small
エディフィス カーキ カーゴパンツ
コーディネートのポイント
ダブルのライダースジャケット(シングルと違い、前で折り重なるタイプ)の鉄板コーディネートです。ライダースジャケットはともかく無骨なアイテムですから、インナーは胸元の空いたUネックやVネックのカットソーと合わせます。あとはどこまで無骨にするかですが、がっつり男臭く行きたい方は、パンツをカーゴパンツ、そこまでしたくない場合はデニム(ジーンズ)で合わせましょう。足下は基本的にブーツと合わせます。
色については、ネイビーとワインレッドは相性抜群の色の組み合わせです。 また、パンツの色もネイビーやワインレッド同様くすんだ色で合わせています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと優しさの両取りスタイル

Small
エディフィス カーキ カーゴパンツ
コーディネートのポイント
デニムシャツの無骨さと、カウチンニットの優しい雰囲気の両方が入っているコーディネートです。下は今回はデニムシャツの無骨さに揃えて、靴もワークブーツと無骨系アイテムで揃えています。
色については、全体的にくすんだ色合いでトーンを統一しています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の優しさと男らしさミックススタイル

Small
エディフィス カーキ カーゴパンツ
コーディネートのポイント
ニットのアウターであるショールカラーカーディガンという鉄板のモテアイテムが持つ優しい雰囲気に、インナーパンツ靴を男らしく合わせることで、「優しさ」と「男らしさ」がミックスした極めて(大半の)女性ウケがいいコーディネートになります。
色については、アウター、パンツ、靴をくすんだ色で統一しています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

8割の男らしさと少しの優しさスタイル

Small
エディフィス カーキ カーゴパンツ
コーディネートのポイント
レザーブルゾンの無骨さを生かして、パンツをカーゴ、靴をブーツで合わせつつ、インナーにはニットを持って来て、ただ無骨すぎないようにしたコーディネートです。このインナーがUネックやVネックのTシャツだと、完全にオラオラ系な格好になりますが、インナーにセーターを持ってくることで、少し優しい雰囲気をまとっています。
色については、ネイビーと茶色は鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾンとシャツのコーディネート

Small
エディフィス カーキ カーゴパンツ
コーディネートのポイント
トップスはブルゾン、靴はスニーカーやブーツとカジュアルに合わせつつ、中にシャツをインすることで、少しだけキレイ目な印象を持たせる効果があります。カジュアルさとキレイ目のハーフ&ハーフなコーディネートです。
色については、くすんだ色同士で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾンの男らしいスタイル

Small
エディフィス カーキ カーゴパンツ
コーディネートのポイント
レザーブルゾンは男らしい印象を与える無骨系のアイテムです。オーソドックスに合わせるなら、この無骨要素で統一し、インナーは胸元が空いたTシャツ、パンツは無地のチノパンやカーゴ、そして靴はブーツで合わせましょう。一気に「男らしさ」が上がります。顔が濃かったり、ひげを生やしていたりガタイがよかったりと、外見上男らしい人が着る分にはもちろん似合いますし、逆に外見がひょろっとしていたり、顔が童顔だったりする方が着れば、服の無骨さで中和されてバランスがよくなります。
色については、くすんだ色同士で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストワイルドコーデ

Small
エディフィス カーキ カーゴパンツ
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。カーキを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストのパーカー合わせ

Small
エディフィス カーキ カーゴパンツ
コーディネートのポイント
ダウンベストにパーカーを合わせるスタイルです。ジップアップパーカー(前で開くパーカー)でも、スウェットパーカー(前で開かないパーカー)でも構いません。ダウンベストとパーカーというトップスの組み合わせに対しては、パンツはデニムやチノパン・綿パン、あるいはカーゴパンツとカジュアルに合わせ、靴もスニーカーと、全てカジュアルに合わせるのが1番合います。パーカー+ダウンベストはかっこいいのに、実際にやっている人をあまり見かけないので、この合わせ方をしていると、「オシャレな、アウトドア好きな人」に見えます。
色については、アースカラーと呼ばれる自然界にある色(緑や茶色)とモノトーンで統一されたカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾン+カーディガンスタイル

Small
エディフィス カーキ カーゴパンツ
コーディネートのポイント
レザーブルゾンにカーディガンを合わせるスタイルです。カーディガンは閉じると胸の前にVの字を作るので、カーディガンの中に着るTシャツ(カットソー)はUネックにするのが1番似合います。 セーターと同じように、レザーブルゾンの無骨さをやわらげる効果があります。今回のスタイルではパンツとカーゴ、靴はレザーブルゾンとカーゴパンツに合わせてブーツで無骨目にまとめています。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)は相性抜群の色の組み合わせです。 また、パンツの色もネイビーやワインレッド同様くすんだ色で合わせています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る