黒・ブラックのチノパン・綿パン(フルレングス, ストライプ)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

短パン嫌いな人のポロシャツスタイル

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
正直、ポロシャツには短パンを合わせるのが1番カッコいいコーディネートですが、短パンは抵抗があるという方にオススメするコーディネートです。デニムやチノでカジュアルに合わせ、靴はスニーカーや短靴・レザーシューズが定番です。オシャレというよりは無難なコーディネートですので、腕周りにアクセサリーを付けてオシャレな雰囲気に仕上げましょう。
色については、ベージュと黒のアースカラーの組み合わせは、カラーコーディネート的に非常にかっこいいです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無地カーディガンと無地Tのスリッポンスタイル

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。今回は靴をスリッポンにすることで、スニーカーで合わせるよりもさらにオシャレな、気取った雰囲気を出します。
色については、紫は黒と相性がいい色ですので、このように色を合わせます。靴はアウターの色の濃さを意識して、同じく濃いめの茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストと柄パンスタイル

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ダウンベストのインナーにTシャツを合わせ、パンツに柄パンを持ってくるパターン。 ダウンベストもインナーも無地でパンツで少し遊びたい、そんな時のスタイルです。 パンツというコーディネート全体近くの要素に柄がついていると、それだけで全身の印象が「可愛め」になります。どの程度可愛めになるかは柄次第で、大きいドット(水玉)>小さいドット>チェック>ボーダーやストライプ の順番で可愛い順です。靴はハイカットのスニーカーかワークブーツで合わせます。
色については、ワインレッドと黒は大人の雰囲気を漂わせるオシャレで格好いいカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツのキレイ目スタイル

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
デニムシャツという男らしい属性のアイテムをトップスにもってきつつ、下半身はチノパンと短靴あるいはチャッカブーツで少し綺麗目に合わせているコーディネートです。前を開く場合はリブつきのタンクトップあるいは胸元の空いた無地Tシャツで(胸元が空いているため)男らしさをアピールできます。男らしさとキレイ目の両要素は女性から好印象です。
ブルーグリーンと赤は相性がいい、オシャレな色の組み合わせです。靴の赤が差し色としてオシャレな雰囲気を演出します。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地マウンテンパーカーのシャツ合わせスタイル

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
マウンテンパーカーにシャツを合わせるスタイル。マウンテンパーカーというアウトドア向きのアウターではありますが、インナーにシャツを持ってくることで、靴も短靴等でキレイ目に合わせてしまってOKです。パンツはチノで、トップスが無地ならパンツを柄で遊んでも可愛いくなります。
色については、ブルーグリーンとワインレッドは相性がいいオシャレな色の組み合わせです。カラーシャツに明るい靴を、アウターとパンツのブラックで締めたカラーコーディネートです。「オシャレさん」に見えます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートのカジュアルコーデ

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
チェスターコートを羽織りつつ、カジュアルテイストに仕上げたコーディネートです。チェスターコート、短靴、チャッカブーツがもつ品の良さに、セーターやカーディガンがもつ優しい雰囲気が合わさっています。
緑と赤はオシャレな色の組み合わせなので、この両方を少し暗くした色同士であるくすんだ緑とエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせといえます。全体的に、目立つ色は暗めのトーンで合わせています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

フルレングスストライプパンツのコーディネート

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
柄もののパンツはフルレングスだと柄が目立ち、オシャレなマインドが強い人でないと使いにくかったりしますが、ストライプはすべての柄の中で1番柄の要素としては弱い(無地に近い)柄ですので、フルレングスでもまだ奇抜さを感じさせずに履くことができるアイテムです。とはいえ夏のコーディネートですから、足元はまくって履きましょう。トップスはリネンシャツ、パンツが柄の分インナーはタンクトップや無地のTシャツで合わせ、靴は夏の靴で合わせます。
色については、インナーから外に向けて暗くしていくと収まりがよくなります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ストライプパンツの男臭いコーディネート

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ストライプのチノパン・綿パンを男らしく着こなすコーディネートです。 ミリタリーシャツ、胸元のみえるインナー、横幅の大きなブーツはどれも男らしく無骨要素の強いアイテムです。今回はその中にストライプの入ったパンツで少し柄を主張してかわいい要素もあるコーディネートにしています。
全体的に、暗めのトーンで合わせた統一感があるオシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ストライプパンツの無骨コーディネート

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ストライプのチノパン・綿パンを男らしく着こなすコーディネートです。 シワ加工シャツ、胸元のみえるインナー、横幅の大きなブーツはどれも男らしく無骨要素の強いアイテムです。今回はその中にストライプパンツという少しおしゃれな要素を取り入れてみました。 また、基本的には柄に柄を合わせるのはNGなので、今回はパンツ以外は無地で合わせることを忘れないでください。
色については、ネイビーと茶色は相性抜群のカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

リネンシャツとフルレングスストライプ合わせ

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ストライプ柄のフルレングスはストライプという柄がある分、シンプルなリネンシャツと無地のインナーで合わせるとバランスが取れます。靴はレザーやスウェード素材のスリッポン、ローファーでまとめるととかっこよくスタイリッシュな着こなしになります。夏にフルレングスパンツを履く場合は、足元は2ロールほどまくって肌を露出させると夏らしさがでてさわやかになります。
色については、ワインレッドと黒はお洒落な色の組み合わせですが、シューズ以外全てこれらの色だと重すぎるためシューズに白を持ってきて抜け感を出しました。

夏のメンズコーディネートをもっと見る