黒・ブラックのチノパン・綿パン(無地, フルレングス, サルエル)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

無骨系シャツでつくる春夏のワイルドコーデ

Small
グラム 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
シャツは基本的にきれいめなアイテムなのですが、ウエスタンシャツ&シワ加工のシャツは無骨で男らしいアイテムに該当します。そのため足元はワークブーツ、エンジニアブーツ、マウンテンブーツ等が無骨っぽくて相性抜群です。ボトムスはカーゴパンツやダメージの入ったデニムが同じく男らしいアイテムで合わせやすいですが、あえてチノパンを合わせてもいいでしょう!
色は、暗く統一されたクールなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾン(ジャンパー)カジュアルスタイル

Small
グラム 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ブルゾンのインナーにプリントT、シューズはスニーカーで合わせる、ブルゾンをカジュアルで親しみがあるテイストで合わせた着こなしです。
色については、紫は黒と相性がいい色ですので、このように色を合わせます。靴はアウターの色の濃さを意識して、同じく濃いめの茶色で合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダブルのライダースのサルエルスタイル

Small
グラム 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
男臭いダブルのライダースと、可愛い要素であるサルエルのパンツの甘辛ミックススタイルです。男らしさと、ファッション好きとしての可愛い要素の両方の要素をアピールしたい方用のスタイルです。
色については、ブルーグリーンとワインレッドは相性がいいオシャレな色の組み合わせです。カラーシャツに明るい靴を、アウターとパンツのブラックで締めたカラーコーディネートです。「オシャレさん」に見えます。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

フード付きシャツを春夏に着こなす!

Small
グラム 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
フード付きシャツは、品の良いアイテムであるシャツに可愛らしい印象がプラスされたアイテムです!前を開けて着る場合、VネックやUネックT、タンクトップなど胸元があいたインナーで少し男っぽい印象を足すとバランスよくまとまります。ボトムスはデニムかチノパンでベーシックに、足元はスニーカーでカジュアルにまとめましょう。春夏なので、デッキシューズやスリッポンも季節感があっていいですね!
白のアウターにワインレッドの靴を合わせた、「オシャレ好きな人」に見えるオシャレスタイルです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンパーカーコーデ

Small
グラム 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
えりがたっていないブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。スタジャンはこの条件を満たしたブルゾンのため、スタジャンの王道コーデであるデニム、スニーカー合わせのコーデにパーカーを差し込みます。スタジャンは少年っぽさがあるアイテムのため、フードつきのパーカーも合わせて、若く元気に見えるスタイルです。元気な雰囲気の人、背が低めの人に合います。逆に「ガリ勉」、「真面目」、「草食系」といった雰囲気の人には似合いません。デニムの代わりにチノパンでも問題ありません。
緑と赤はオシャレな色の組み合わせなので、この両方を少し暗くした色同士であるくすんだ緑とエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせといえます。全体的に、目立つ色は暗めのトーンで合わせています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ロングシャツは変形パンツでモード合わせ

Small
グラム 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ロングシャツは丈が長いシャツという変わった形のアイテムのため、多少モードなアイテム。こういう場合、パンツも変形(=一般的ではない形)パンツで合わせた方が雰囲気のバランスがとれます。今回はサルエルカーゴやサルエルのチノパンと合わせ、靴はワークブーツと合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。茶色を引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

変形アウターは変形同士で合わせる

Small
グラム 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
変形アウターはモードなアイテム。同じく一般的ではない形のサルエルパンツと合わせて体のラインをわかりづらくすることでモードでおしゃれな雰囲気に。靴はキレイめが相性が良く、短靴・レザーシューズやで合わせます。
色としては、モノトーンで揃えた、シンプルで誰が着てもおかしくならないカラーコーディネートです。 コーディネート全体としては、サイズ感を合わせることと、着る人が髪型を整えるなど、見た目に気を使っている雰囲気を出さないと、無難にださくすませているようにも見えてしまいますのでご注意ください。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

フェイクシャツのスタンダードスタイル

Small
グラム 黒・ブラック チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
フェイクシャツは実際には1つの服ですが重ね着をしているように見えるアイテムということで、「変わったアイテム」である分服の属性上は「かわいいアイテム」といえます。同じく可愛い属性になる靴であるスニーカーに、チノパン・綿パン、あるいはデニムと合わせるのは1つのフェイクシャツの王道スタイルといえます。
色については黒と白によりモノトーンができあがり、そこに1色のついたワインレッドを持ってくることでこの赤が引き立ち、オシャレな印象になります。

春のメンズコーディネートをもっと見る